朝、満員の新幹線に乗って、京都入りしました。

PHP研究所の創立60周年祝賀会に参列するためです。
この会社で、私の編集者としての生活は始まりました。
そういう意味で、ミシマ社の原点を築いてくれた会社ともいえます。

この日は、500名ほどの方々が、一同に会し、
とても楽しい時間を過ごすことができました。
諸先輩方、同期、そして後輩にあたる方々も、一様に
私の独立を喜んでくださいました。
本当にありがたいことです。
みなさんからいただいた「がんばって!」という声を大切に、
一歩一歩前進していこうと思います。

10年後。
PHPが創立70周年を迎えるときには、
ミシマ社も10周年を迎えています。
そのとき、ともに祝えるようにしたい。

そんな新たな目標を見つけることができた、
すばらしい時間でした。