CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
周防大島を訪れて
0

    2008年11月3日、周防大島を訪れました。

     

    周防大島は、年に一度刊行する「ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台」を創刊するきっかけとなった土地です。

    3年前、初めて来島した際、この島で起こっている動きに、「未来の種」を感じました。

    それをどうにかして、全国の人たちのもとへ届けたい。そのためには、雑誌そのものも「未来の種」でなければならない。

    そういう思いで、「これまでにない雑誌」に挑戦し、かたちにしたのが、「ちゃぶ台」です。

    ですから、文字通り、周防大島は「ちゃぶ台」誕生の地。

    以来、毎号、中村明珍さん、内田健太郎さんの島民お二人に寄稿いただいております。

    今年の10月に出た「ちゃぶ台 Vol.4」では、尊敬してやまない農家の宮田正樹さんへのロングインタビューも収録しています。

     

    その周防大島がいま、大変な危機的状況にあります。

     

    約9000戸の世帯で断水がつづいています。すでに二週間が経とうとしています。

     

    「ツイッター」でも報告したことを再掲しますと、

     

    「断水による生活の不便とそれによる事業の困難に見舞われてます。飲食業は一部休業を余儀なくされ、とりわけ小売業、観光業は観光客激減により大打撃を受けてます。まずは、周防大島のお店のネットショップなどで買い物をしてみてください!」

     

    「周防大島で起こっている問題の1つに、2トン超のトラックは橋を渡れないことがある。それにより水の補給も船に頼るしかなく、とても事業者には回ってこない。例えば、ジャムズガーデンなどでは、水がないため生産ができない状態にある。みかん農家はまもなく収穫を迎えますが、トラックで輸送できない」

     

    「言い出せばきりがありませんが、保育園、小学校などの給食がコッペパンと牛乳だけになったり、給水所から水を運んだ年配の方々が股関節を痛め、病院を訪れる患者が日に日に増えたり。そして復旧は12月中旬までかかるらしい・・。周防大島が置かれている状況は、けっして安穏としたものではありません。」

     

    「忘れてはならないのは、今回の周防大島の困窮は天災ではないこと。ドイツの企業を母体とする民間会社による完全なるミスで起きた。それは絶対に「なかった」ことにしてはいけない。島の問題ではなく、自分たちの問題。それを感じるためにも、毎土曜はもちろん、可能な限り周防大島を訪れてほしいです。」

     

    この間、自衛隊は引き上げ、島民の方たちは、ただじっと復旧を待つしかない状態です。

    おそらく政府には、島の人たちを本気で救うつもりはないのだと思います。

    ・・・と書き出したら、それこそきりがないので、今はやめます。

     

    とにかく、すぐに少しでもお役にたてることをやっていこうと思います。

    先日、中村明珍さん(チンさん)、内田健太郎さんはじめ、島の方々とお話するなかで、以下をおふたりにはお願いしてきました。

     

    ・チンさんには、「無料で誰でも取っていってもらえる」給水所をご提供いただくことにしました。

    その給水所に、ミシマ社からお水を随時、お送りするようにいたします。

     

    ・内田さんとは、毎土曜日、今回の「ご飯を食べる会」のような場を開催してもらう。そこに今回同様、ミシマ社からは無料で水をお配りする場所を設けていただく。その会で、島民の方々には無料の炊き出しなどをやりたい、と内田さんはその時言っていました。

     

    それで、まずは、ミシマ社サポーターの方々にかぎってですが、寄付をお願いしたく思います。

    上記の「ご飯を食べる会」の運営費(交通係の方への日当、炊き出し費用など)、そしてチンさんの無料給水所へ提供する水の費用を寄付から充てさせていただく存じます。

     

    サポーターの皆様、ご無理いただく必要はありませんので、可能な範囲でお力添えいただけましたら幸いです。

    (お一人 5000円以上からお願いできましたらと思っております。)

    何卒よろしくお願い申し上げます。

     

    ご協力頂けます方、ご質問などはこちらまでお願いしたく存じます。

    hatena@mishimasha.com

    075−746−3438(京都オフィス)

     

     

     

     

     

     

    | - | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
    『ちゃぶ台Vol.4』ツアー
    0

      JUGEMテーマ:読書

       

       

      一年に一度だけ刊行される雑誌『ちゃぶ台』。

      その第4弾が、いよいよ10月19日に発刊となります。

       

      ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台vol.4 「発酵×経済」号

      (デザインは、創刊以来ずっと矢萩多聞さんです)

       

      今号は、「発酵×経済」号。

      「菌を、もっともっと!」

      「やわらかな経済」

      という2本の特集を、それぞれ別々に進めてまいりました。

      一見、ぜんぜん違う二つのテーマが、ふしぎと絡み合い、重なりあっていきます。

      そのなんとも言えない、愉快で不可思議な現象を体感いただきたいです。

       

      本号の特集のまくらに私が書いた文章は「月刊ちゃぶ台」にあげましたので、ご高覧賜れば幸いです。

       

      ほんとうに面白い雑誌になりました。一人でも多くの方々に読んでいただきたく切に願っております。

       

      それで、できるだけ多くのところへ本雑誌とともに参りたく、思っています。

      現時点で決まっている「ちゃぶ台ツアー」。

      下記、どんどん更新してまいりますので、ちょくちょくご確認いただけますと嬉しいです!

       

      どうぞよろしくお願いいたします。

       

       

      【イベント】ちゃぶ台Vol.4発刊記念 イベント

      出演・榎本俊二、三島邦弘

      開催日:2018年11月2日(金)19時〜
      場所:広島 蔦屋書店
      〒733-0831 広島県広島市西区扇2丁目1-45

      タイトル:

      漫画家と編集者が見る! 瀬戸内はここが面白い〜広島南北問題もちょこっと

       

      内容: 2010年4月、広島県三次市に移住した ギャグ漫画家・榎本俊二さん。現在「ちゃぶ台」に3年連続で「山陰移住ストーリー」を連載中。年に一度の雑誌「ちゃぶ台」で毎回、瀬戸内(主に周防大島)をとりあげるミシマ社の編集者・三島邦弘。この日は、ふたりが広島、瀬戸内に住むひとたちに「ぜひ!」とおすすめする本とともに、あらたな瀬戸内の魅力とこれからの可能性について話します。「ちょっと先の未来」に触れることができるかも(!?)な夜へ、ようこそ。

      詳しくはこちら

       


      【イベント】島のむらマルシェ@山口県・周防大島

      『ちゃぶ台』原点の地、周防大島にて「島のむらマルシェ」に参加します。当日は、編集長三島邦弘もかけつけます!

      開催日:2018年11月3日(土)
      場所:八幡生涯学習の村
      〒742-2301 山口県大島郡周防大島町大字久賀1102-1

      詳しくはこちら

       


      【イベント】ちゃぶ台Vol.4発刊記念 トークイベント 

      出演: 松村圭一郎×三島邦弘

      『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)の著者でもあり、『ちゃぶ台Vol.4』には「人間の経済 商業の経済」をご寄稿くださった松村圭一郎さんをお招きして、編集長三島邦弘との対談イベントが実現します。

      開催日:2018年11月7日(水)19:15~
      場所:恵文社一乗寺店
      〒606-8184京都市左京区一乗寺払殿町10

       

      ・タイトル: 人間の経済をとりもどす!

       

      ・内容:『うしろめたさの人類学』でいきづまる世界に「スキマ」を空けた松村さん。

      年一度刊行の雑誌「ちゃぶ台」で、すでに始まっている未来の種をレポートする三島さん。

      ふたりが共通して求めるものに、「人間の経済」があります。

      「人間の経済 商品の経済」を『ちゃぶ台Vol.4』に寄稿した松村さんの考え、そして意図とは? 三島さんが雑誌づくり、出版社運営を通してめざす「経済」とは? 無二の親友でもある二人がこの日、ぞんぶんに語り合います。また、「ミニブックトーク」の時間を設け、「人間の経済」を取り戻すために必読といえる本も紹介してもらう予定です。

      詳しくはこちら


      【イベント】香川県高松市に編集長三島邦弘が行きます!

      『ちゃぶ台Vol.4』編集長三島邦弘によるトークイベントを開催します。

      開催日:2018年11月15日(木)
      場所:本屋ルヌガンガ
      〒760-0050香川県高松市亀井町11番地の13 中村第二ビル1階

      詳細は決定次第、お知らせいたします。

       


      【イベント】高知県土佐町に編集長三島邦弘が行きます!

      『ちゃぶ台Vol.4』の発売日に編集長三島邦弘によるトークイベントを開催します。

      開催日:2018年11月16日(金)18:30~20:30
      場所:あこ
      高知県土佐郡土佐町田井1485

      タイトル: 「本」で世界を面白く。「一冊」が起こす豊かさ。

       

      内容:一冊の本と出会う。それが人生を変えることもある。
      そんな大きな変化でなくても、日々の滋養のような効果が「紙の本」には宿っている。
      そうした生命のような「一冊」を生み出し、明日の世界を一冊分面白くしようと、一冊一 冊に思いを込め出版しつづけている人がいる。 2006年10月に単身で出版社ミシマ社をたちあげた三島邦弘。彼はいま、11人のメンバーとともに、京都と東京(自由が丘)の二拠点で「原点回帰」の出版活動をおこなっている。出版業が厳しいと言われて久しいこの時代に、いったい、どのように発想をし、どのように一冊分ずつ世の中の面白みを積んでい るのか。明日、あなたが本に出会うのが今よりも一冊分わくわくするようになる、今回はそんな座談 会。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | イベント | 11:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
      自由が丘オフィス・アルバイト募集
      0

        * 下記、すでに募集を終えております。ご応募いただき、ありがとうございました。

         

         

         

        このたび、ミシマ社自由が丘オフィスでは、アルバイト募集をしております。

        業務は主に、下記になります。

         

         

        ・編集アシスタント業務

        ・電話、来客対応

        ・書籍などの発送業務

        ・書類作成 などなど

         

        編集チーム、営業チームそしてオフィス全般の運営サポートをしていただくことになります。

         

        できれば、ミシマ社の書籍や出版活動に共感くださっている方がうれしいです。

         

        たのしくお仕事ご一緒できる日を楽しみにしています。

         

         

        <募集要項>

        ・人数:1名

        ・雇用形態:アルバイト

        ・勤務時間:平日9時〜18時(*時間は要相談)

        ・勤務開始:できるだけ早い時期を希望しています

        ・応募方法:履歴書&職歴書

        ・書類送り先:〒152−0035 東京都目黒区自由が丘2−6−13 ミシマ社採用係宛

        ・勤務先:上記

        ・募集期間:2018年9月4日まで *決まらない場合、延長あり

        | 会社 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
        京都オフィス・営業事務アルバイト募集
        0

          *下記、すでに募集を終えております。ご応募いただき、ありがとうございました。

           

           

           

          このたび、ミシマ社京都オフィスでは営業事務のアルバイトを募集をいたします。

           

          業務は主に、

           

          ・(書籍の)発送業務

          ・伝票づくりとその整理

          ・パソコンでの在庫管理

          ・受注電話の応対

          ・来客対応

           

          など、になります。

           

          基本的には、内勤業務がほとんどです。編集でも営業でもありません。バックヤード業務と言われることの多いしごとです。

          ただ、それがあって初めて、書店への直接取引をしているミシマ社の出版活動は成り立ちます。

           

          この活動を日々、ご一緒できる方を募集いたします。

          発送業務大好き!

          伝票づくり得意!

          経理業務ができる方、なお嬉しいです!! (この方の場合、雇用形態もご相談させてください)

          こういった方が来てくださると心強いです。もちろん、未経験の方であっても構いません。

           

          楽しみにお待ちしております。

          よろしくお願い申し上げます。

           

          <募集要項>

          ・人数:1名

          ・雇用形態:アルバイト

          ・勤務時間:平日10時〜18時(*時間は要相談)

          ・勤務開始:できるだけ早い時期を希望しています

          ・応募方法:履歴書&職歴書

          ・書類送り先:〒606−8396 京都市左京区下堤町90−1 ミシマ社京都オフィス

          ・勤務先:上記

          ・募集期間:2018年9月4日まで *決まらない場合、延長あり

           

          | 会社 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
          2019年度新卒採用について
          0

            *下記、採用の受付は終了いたしました。

             

             

            昨年につづき、株式会社ミシマ社では、新卒採用の募集をおこないます。

             

            早速ですが、以下、募集要項となります。

             

             

             

            ☆募集要項

             

             ・応募条件:2019年3月に大学を卒業見込みの方

             ・採用人数:1名

             ・勤務地:ミシマ社 自由が丘オフィスor 京都オフィス(勤務地の希望はできません。あらかじめご了承ください) 

                  *入社数年間は、京都オフィスでの勤務の可能性が高いです。

             ・募集期間:2018年6月5日〜 6月11日 消印有効 

             ・応募書類:履歴書 + 作文(下記の3つすべて書いてください)

                     をミシマ社京都オフィスへお送りください。

             ・作文の課題: .潺轡渕辧,任笋蠅燭い海函or ミシマ社に思うこと

                    ◆.潺轡渕劼遼椶鯑匹鵑如淵潺轡渕甸のどの本でも可能です)

                     ミシマ社のこの本をこんなふうに広めてみたい!(△覗んだ本と違うミシマ社本で考えてください。できるだけ、「おもしろい」アイデアを出してください)

             

             ・選考過程:―駑狄該此6月中旬)

                   ¬明棔6月中旬〜7月上旬)

                   実地研修・約1週間(7月中)

                   し萃蝓7月下旬)  *時期については変更の可能性があります。

             ・書類送り先:〒606-8396 京都市左京区下堤町90−1ミシマ社京都オフィス採用係

             

             

             

             募集期間が短いのは、多数の応募をいただきました場合、

             ちいさな会社ゆえ、通常の仕事と平行して採用の活動をおこなうため、実務に支障が出てしまいかねないからです。

             何卒ご理解いただけましたら幸いです。

             

             来てくださる方、弊社、そしてかかわってくださるすべての方々にとって、未来が拓けていくような出会いであることを祈念しております。

             

             よろしくお願い申し上げます。              ミシマ社代表 三島邦弘

             

             

            | 会社 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | 1/357PAGES | >>