JUGEMテーマ:読書

 

2年前、今から思えば必然としか思えないのですが、ふしぎな縁から周防大島の方々とミシマ社との交流が始まりました。

そして、ミシマ社の初の雑誌『ちゃぶ台』(2015年10月刊)に、その一部の模様をレポートしました。

16年10月に出た第2弾『ちゃぶ台 Vol.2 革命前々夜号』では、「その後」のお話をたっぷり収録させていただくなど、周防大島は、本雑誌に欠かせぬ存在となっています(と申しますか、島あってのちゃぶ台です!)。

 

ところで、この『ちゃぶ台』、毎号、公開でおこなう企画会議「寺子屋ミシマ社」を経て、誕生していることをご存じでしょうか?

 

今回は、本年10月に発刊予定の第3弾に向け、最初の「企画会議」を島で初開催!

いったい、『ちゃぶ台』は、どんなふうに生まれ、作られるのか?  

そもそも、企画会議、アイデア出しってどんなふうにするの?

 

また、ミシマ社では、つくって終わるのではなく、「届ける」ところまでやりきることを

「一冊入魂」と捉えて活動しています。

その「つくる」から「届ける」ところまでを、濃密に共有したい、と考えています。

 

第1部の前半では、「つくる」から「届ける」までのミシマ社のやり方について、ミシマ社営業メンバーの渡辺とともに、語りたく思います。そして後半で、「企画会議」的なものを、皆さんにもご参加いただき、おこなう予定です。

 

第2部では、いまもっとも聞きたい話を、三人の農家さんにうかがう予定です。

 

とにかく、私自身、今からわくわくしています。

当日、お会いできるのを楽しみにしております。

(島のあさマルシェには、「ミシマ社の本屋さん」として出店いたします!)

 

お申し込みは、こちらからお願いいたします。

 

 

<寺子屋ミシマ社 in 周防大島>

 

第1部 15時〜17時 

ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』が今日生まれる!?ーー「つくる」から「届ける」まで

出演:三島邦弘(ミシマ社) 渡辺佑一(ミシマ社)

 

『ちゃぶ台』第3弾、いよいよ始動!

雑誌づくりの最初の一歩である「企画会議」を、周防大島の皆さんとともに、公開の場でおこないます!

『ちゃぶ台』ってこんなふうにできるの? 

本や雑誌が「生まれる瞬間」をお見逃しなく!

 

 

第2部 17時半〜19時

 いま、何かをつくって生きるということ〜〜『ちゃぶ台』公開ロングインタビュー

出演:宮田正樹(農家)、内田健太郎(養蜂家)、中村明珍(農家兼僧侶)、三島邦弘(ミシマ社)

 

『ちゃぶ台』第1弾、第2弾に登場された周防大島在住の三人の農家の方々。

移住して生き「つづける」ということ。自然と向き合い「つづける」ということ。

いま、三人が考える「つくって、生きる」に迫ります。

*ただし、第1部の企画会議を受けて、インタビュー内容は大きく変更する場合があります。

 

開催場所:八幡生涯学習のむら  山口県大島郡周防大島町久賀1102-1

 

日にち:2017年4月1日(土)島のあさマルシェと同日開催

 

参加費:事前予約:2000円(お茶・当日つきたてお餅付き)

      1部のみ/2部のみ参加:各1300円

    (小学生以下無料)

      当日・それぞれ500円増し

 

 

お申し込みは、こちらより!

ご来場、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL