JUGEMテーマ:読書

 

 

ご報告が遅くなりましたが、ミシマ社はこの3月1日より、以下のような体制で仮スタートをきっております。

なお、本格スタートは本年4月1日からの予定です。

 

代表はひきつづき、私、三島邦弘がおこないます。

大きな変更点としては、営業業務の本部機能(受注、発注、請求業務など)の中心を、

自由が丘オフィスから京都オフィスに移します。

それにともない、ミシマ社の最古参メンバー渡辺佑一が京都オフィスへ異動。

 

また、仕掛け屋チーム・長谷川も京都オフィスへ。

今後は、「手練れ意匠部」(byバッキー井上)とチーム改名・再編して、

他社さんのお仕事も受注するようにいたします。(主にイラスト)

 

つまり、京都オフィスが営業の本部機能をにない、加えて、新事業として「手練れ意匠部」が京都で発足する。

このようになります。

 

 

メンバーの所属は、下記のようになります。

 

自由が丘オフィス(星野、池畑、鳥居、新居、岡田) 

   *新居は現在、数カ月間限定での自由が丘オフィス研修中です。その後の配属は未定。

京都オフィス(渡辺、長谷川、田渕) 

   *鳥居の所属先は、自由が丘オフィスですが、住居との関係で京都オフィスにも頻繁に出社します。

私は、ひきつづき、両方を行き来します。

 

 

こうすることによって、20代の若手メンバーが、自主性をもって高めて、仕事に臨めるように。

そして、30代以上のメンバーが、より責任ある仕事を担っていくことをめざします。

 

 

なぜ、このような体制をとることにしたのか。

と思われた方のために簡単にご説明いたします。

 

二拠点体制がスタートしたのは、2011年4月。実質的には、翌年の12年4月からといっていいと思います。

しかし、「二拠点」と謳いながら、実際にはメンバーがほほ固定していました。

もちろん、一箇所にいつづけることで初めて深まる仕事があるのも事実です。

ただ、ミシマ社のこの数年でいえば、「深まる」よりもむしろ「居着く」に逆作用していました。

(詳細は省きますが、居着きは武道においてもっとも避けるべき行為です)

 

とくに、ミシマ社は会社が若いだけでなく、メンバーもきわめて若いと言えるはず(出版界においては間違いないかと)。

にもかかわらず、「居着く」ようなことが少しでも起きるのは、言語道断。

もっともっと、濃い仕事に全身でぶつからなくては。

そうした経験を通して、日々謙虚に、多くを学び、多くを身につけなければーー。

それなくして、個人としても、会社としても、「先」などあろうはずがありません。

すくなくとも、ミシマ社という会社は、「そういう」会社です。

「おもしろい」を通して、世界に貢献する。

10年前、この宣誓をもって始まった出版社です。

仮にも、他者に貢献しようと思うのなら、居着いている場合ではない。

若年寄のように守りに入っていては、もはや会社の存続意義すらない。

私はそのように考えています。

 

いずれにせよ今後は、より流動性の高いチーム運営を心がけるつもりです。

ひとことでいえば、二拠点体制の良さを生かしていく。

 

以上が、新体制の理由です。

 

言うまでもなく、体制というのは、かたちにすぎません。

ただし、これは会社としての意思を表明した「かたち」であるのも事実です。

 

このかたちに血を通わせ、実体あるものにしなければなりません。

つまりは、この「かたち」をとることで、さらにいっそう、一人でも多くの方々に喜んでいただける仕事を、メンバーひとりひとりができるようにならなければいけません。

そうなるよう、メンバー一同、日々邁進してまいります。

 

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL