JUGEMテーマ:読書

 

 

書評を拝読して、震えました。

自分よりずっと年下の同業者の著作を、こんなふうに評されるなんて・・・。

 

建築家・隈研吾さんが、

光嶋裕介さん著『これからの建築 スケッチしながら考えた』を、信濃毎日新聞で絶賛くださいました。

 

「本当に、素直でフラットでスムーズな建築論である」

という書き出しにつづけて、「(略)旅と日常という境がまるでなく、歴史に残る名建築と旅先であった渋いジャズ喫茶の境もなくて、すべてがフラットでスムーズに進行していくのである。こういう建築の記述方法は、今までなかった。

普通のようでいて、実に新しい種類の建築本なのである」

 

「普通のようでいて、実に新しい種類の建築本」。

その理由を隈さんは、こう分析されます。

「それは建築が特別なものであった時代が終わったということである」。

 

書評内において、今をときめく建築家である隈研吾氏が、「建築の一時代の終焉」を告げたのです。

これは、歴史的な事件といっていいのではないでしょうか。

 

「建築という特別なものを、建築家という選ばれた特別な人が作るということを、われわれは当たり前のことだと思って育ってきた。」

「しかし光嶋さんという建築家は、すでに違う時代、違う場所にたっている。」

 

同時代の後輩建築家のことを、「違う時代、違う場所にたっている」と断定。

これは、簡単なようでいて、とても勇気のある発言です。

若手の考えを斥けることで、自分の立場を優位に立たせようとする。そういうやり方で後輩を厳しく迎えることだって、可能であるはずです。

しかし、隈さんは、光嶋さんの姿、考えに、新しい時代を見出された。

それは、隈さんが大家であることに安住するのではなく、現役の一建築家として時代に真正面から向き合っておられる、そのなによりの証左といえると思います。

 

「そこでは建築は特別なもの、突出するものではあってはならず、(略)周囲の環境の全体性へと響き合って育つ、植物のようなものへと変わりつつある。」

 

本書評が建築新時代の幕開けの宣言となり、本書が建築新時代の旗印的一冊とならんことを願ってやみません。

 

隈研吾さん、すばらしい書評を本当にありがとうございました。

 

 

 

 

kumakoshima

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL