CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 三砂ちづる先生の『女たちが、なにか、おかしい』書評! | main | 『これからの建築』書評ー隈研吾さん >>
「ちゃぶ台」が社説に!
0

    JUGEMテーマ:読書

     

     

    ミシマ社の雑誌「ちゃぶ台」「ちゃぶ台Vol.2 革命前々夜号」が、「中国新聞」(2017/1/3)の社説に載りました。

     

    chabudaichugoku

     

    年始の社説で、取り上げていただけたのは望外の光栄です。

    「出版」を「農業」にたとえて、耕すところからおこなっている。

    この雑誌もまたそうです。

    というようなことを取材ではお答えしたのですが、

    おそらく、農業、出版にかぎらず、耕すところから始めることが、

    あらゆる産業において必要なのではないか、と直感しています。

     

    「ちゃぶ台」の二冊が、そんな直感を共有できる方々にとって、

    少しでも参考になれば幸いです。

     

    Vol.2の目次を、下記に掲載しておきます。

     

    *「ちゃぶ台Vol.2 革命前々夜号」目次

    はじめに
    特集0 「食×会社」を考える
    周防大島の農家さんを訪ねて
    山本ふみこ /おみおつけの<み>を何にするか
    特集1 会社の終わり、companyの始まり
    平川克美  /株式会社の終焉
    近藤淳也  /会社の人たちと「食べる」ことについて

    中山咲子  /まかないのさっこちゃん
    山口ミルコ /ダーチャでニチェボー
    藤原辰史  /縁食論――孤食と共食のあいだ
    植本一子  /言葉をもらう
    榎本俊二  /ギャグマンガ家山陰移住ストーリー
    ブックレビュー 内澤旬子『漂うままに島に着き』
    佐藤ジュンコ/甘辛ジュンコの人生案内
    矢萩多聞  /おなじ釜のビリヤーニー
    特集2 百姓のすすめ
    宮田正樹  /命をつなぐ仕事を
    小野邦彦  /ブレのある野菜を流通・販売する

    後藤正文  /どんな音楽を選んで聴くのかも、どこかで社会に関わってる
    井川直子  /過去のすべてに恩返しする
    鷲田清一  /集団として生き延びていくために
    中村明珍  /里山のDIY野郎
    内田健太郎 /マルシェを「つづける」ということ

    加地猛   /コンビニをやりたい
    益田ミリ  /なんとなく、未来の夏休み
    少し長めの編集後記

    | パブリシティ | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/995996
    トラックバック