JUGEMテーマ:読書

 

元日、凧揚げをしたと申しましたが、

翌日、同じ鴨川を自転車で走っているとき。

上空をふと見上げると・・・

 

tako2

 

木に凧が引っかかったまま残されていました。

 

「あっ」

 

凧揚げを楽しんでいた親子の「時」までも、そこに残されているかのようでした。

おそらく、ひっかかった瞬間、

楽しい時が、不安な時へと急反転したことでしょう。

その瞬間の心までもがそのまま保存されているような感じさえしました。

もっとも凧本人は、知らぬ存ぜぬ、ぷらぷら揺れるのみ、でしたが。

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL