ちゃぶ台』創刊号が、毎日新聞「MAGAZINE」欄で紹介されました(2016/7/10)。

 

とても嬉しい記事でしたので、引用させていただきます。

 

「志ある小さな出版社、ミシマ社が初めてつくった雑誌。テーマは「移住」と「就活」。次号は十月刊行の予定。

武道家で哲人の内田樹はじめ、屠畜紀行で著名な内澤旬子氏、『ナチスのキッチン』で話題を呼んだ藤原辰史氏、「菌本位制」でパンをつくる渡邉格氏など、多分野の人が発言する。(略)

自由な知と個性が、既成の圧力をはねのける。刺激的。視界が広くなる。」

 

mainichichabu

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL