JUGEMテーマ:読書

この秋、ミシマ社初となる市販雑誌『ちゃぶ台』を発刊いたします。

なぜ、雑誌をつくろうと思ったのか?
どんな雑誌なのか?

いろいろお話ししたいことはあるのですが、今日はひとつだけ。
この数年顕著になってきたことですが、本を広める動きのひとつに、「トークライブ」があります。
私たちも、参加することが多くなってきました。
多いときは、ひと月に数回も・・(創業期の数年間は、一年に一回ほどだったのに)。

ただ、発刊のたびに、日本中でライブをおこないつづけるのは、さすがにむずかしい。
と思うものの、代案がないままに数年が過ぎました。

そんななか、今年の春先、「そうか」という一つの気づきがありました。
それは、「本自体をライブにすればいいじゃないか!」というものでした。
音楽でいえば、全国でライブを開くのではなく、ライブ盤をつくろう、という感じでしょうか。

で、今回私たちのライブ盤で「実験」したことはというと・・・、
「台割のない、雑誌づくり」
です。
台割(ページ割)をつくらず、最後までどうなるかわからないものを、わからないままに作りきる、というやり方をとりました。

・・・はたして、どんなライブ盤となったのやら。
10月8日の発売をどうぞお楽しみに!

この『ちゃぶ台』発刊を記念して、本当の「ライブ」もやります!!
すでに二つ決まっているのですが、どちらも楽しみでなりません。


* 松家仁之さんと話す「いま、雑誌をつくるということ

大先輩の松家さん(『つるとはな』編集人、作家、『考える人』創刊編集長)に、「雑誌」ビギナーの私が、
恐れ多くも、今回の雑誌づくりの無謀さをお話し、
教えていただきたい数々のことをうかがいます。

10月12日(日)17時〜@東京堂


* 西村佳哲さんとともに「いま、地方×仕事 を考える」

11月3日15時〜 『ちゃぶ台』体感イベント@岡山

詳しくはこちらから!


皆様のお越しをお待ちしております。


 
コメント
雑誌の発刊、楽しみです。

自分と同じ『松家さん』の名字を見て、びっくりしました。

読み方は色々ですが、珍しい名字なので、元をただせば親戚かも知れませんね。

雑誌、探してみます。
m(_ _)m
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL