CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Re:s藤本さんと秋田でイベント | main | ミシマ社初の雑誌『ちゃぶ台』ライブ >>
ジュニアとデッチ
0
    JUGEMテーマ:読書


    こんにちは。ミシマ社の三島邦弘です。
    いつも、ミシマ社の出版活動を支えていただき、ありがとうございます。
    今回のブログで初めてミシマ社を知ってくださったという方、はじめまして。

    今日は、学生さん向けのお知らせです。

    ミシマ社では、もう、かれこれ7年ほど、ミシマ社仕掛け屋ジュニア(以下、ジュニア)、デッチという仕組みがあります。

    このふたつ、社内的には明確に違うのですが、「外から見たら違いがよくわからない」というご指摘を最近受けることが多々あります。しかも、この一年ほど「募集」もしてきませんでした(希望者があれば受け入れるという形をとっておりました)。
    そのため、どうしたら入れるんですか? と直接問われることも増えてきています。
    どちらも、ごもっともなことです。

    というわけで、あらためて整理いたします。

    ⭐︎ジュニア

    ミシマ社には、「仕掛け屋チーム」というチームがあります。
    詳しくは拙著『計画と無計画のあいだ』をご高覧いただけるとありがたいのですが、
    要は、「切って、貼って、描く」を主なミッションとするPOP、パネル制作隊です。
    そのチームのサポートを中心に、ミシマ社の仕事を手伝っていただく。
    というのが、ジュニアのお仕事になります。

    お気軽に、参加くださいませ。
    来れる日に、来れる時間だけの参加でOKです。

    あと、ミシマ社が好き、という学生さんのための枠でもあります。
    (一緒にちゃぶ台を囲みましょう)


    ⭐︎デッチ

    (こちらは拙著『失われた感覚を求めて』に詳しいのですが)
    より本格的に、ミシマ社の仕事を学びたいという学生さんのための枠です。
    ある一定の期間(一ヶ月〜数ヶ月)、可能なかぎり出社して、
    朝のお掃除から一緒にしてもらいます。
    東京・自由が丘オフィスでは、営業の補佐、編集のアシスタントなんかも。
    京都オフィスのほうは、編集アシスタントの仕事に加え、
    「ミシマ社の本屋さん」があるので、本屋さんのお店番もやっていただきます。
    本気でやってこそ身につく、本気の時間。
    学生時代の一部を、そうして送りたいという方のための枠です。

    ・募集要項:履歴書&作文(志望理由・ミシマ社の本を読んでの感想(その本と、どこでどうで出会ったかも、記述いただけると嬉しいです))
    ・送り先:hatena@mishimasha.com (件名「デッチ希望」としてください)

    ******************************

    ジュニア、デッチともに、随時、受け付けています!
    どうぞよろしくお願いいたします。

     
    | 会社 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/995955
    トラックバック