CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2014年ミシマ社10大ニュース | main | 拙著、ご紹介いただきました。 >>
起点もなく、終点もなく。
0
    謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
    あけましておめでとうございます。

    旧年中を大変お世話になりました。
    本年が、皆さまにおかれましても、良き一年でありますことをお祈りいたします。

    さて、私は今年の目標といったものをつくらないことにしました。
    それは、「2014年ミシマ社10大ニュース」の最後に書きましたとおり、
    イタリアでの合気道の体験が大きいです。

    昨年、上梓した『失われた感覚を求めて』で書きましたが、
    「編集者である」こととは、「=まっ白な感覚でありつづける」ととらえています。
    それを日々、めざしていこうと思っています。
    ただ、それは理論上の話であって、自分のなかに絶対的な感覚として骨の髄にまで染み込んでいるわけではありません。

    ところが、多田宏先生のお稽古をイタリアでみっちりおこなえたことが契機になり、
    「力んではいけない」ということが、当然のこととして自分のなかに宿りました。
    つまり、「何かをしよう」「今年はこれを必ず守る」、そうした決意はときに大きな力になります。
    が、それが力みになり、身体をかたくする原因になることもある。
    いつしか、その目標を達成するためだけの日々になり、それ以外のさまざまを感知できないことになりかねない。

    感覚を高め、維持する日々をめざしているにもかかわらず、
    目標にしばられるあまり、感覚を閉ざすことになる。
    そういうことになりがちです。

    それで、じょじょに、何事においても「起点もなく、終点もない」というほうが
    自然ではないかと思えるようになりました。

    森田真生さんが「数学の贈り物」で書いてくださったこととも、通じます。
    元旦だけが正月ではないのです。
    新年の誓いが、正月という起点から、大晦日という終点に向かうものであると、
    その間は、その誓い成就のための我慢する時間になる。
    そうではなく、正月であれ、大晦日であれ、いつの日であれ、「この瞬間」の連続でないといけない。
    とすれば、自分が意識的にやってやろうとする、「起点から終点に向かう断続的な行為」であるより、
    大きな流れのなかに自分があるという連続的な生命活動のひとつであるほうがいい。

    その思いと実践は、すでに昨年から始まっています。
    ですので、今年の目標を「不自然に」つくろうとも思わなかったわけです。

    日々を透明な感覚で過ごしていきたいです。
     
    | 思いついたこと | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/995924
    トラックバック