JUGEMテーマ:読書

 バッキ―井上『人生、行きがかりじょう〜全部ゆるしてゴキゲンに


発刊からひと月以上経ち、この「悪球」本が、じわりじわりと広がっていて嬉しいです。
(*「悪球」とは、浦沢直樹先生から頂戴した励ましのお言葉であります。詳しくは、ミシマガのこちらを)

内田樹先生からは発刊時に、「オーラルヒストリーの傑作」とツイートいただきました(感激!)。
 
その後、仲野徹先生はHONZで、『冷泉家800年の「守る力」』とあわせ書評をしてくださいました。

そしてそして、地元の京都新聞でも!

vackeykyotoshinmbun
(2013年10月27日)


また福井新聞河北ブックサイトなどにも、絶賛書評がでています!

もう、読むしかありません。
お願いですから、「なんで?」とだけは訊かないでください。
それでも訊かれたら、
「なんでも」とお答えいたしましょう。
これぞ、22世紀の生き方なのです。


コメント
おもしろそうですね。
読んでみます!
(三島社長のfacebookにメッセージ送らせていただきました。)
  • by ミムラ
  • 2013/11/09 10:16 AM
早速買って読んでみました。
テンポよく、1冊すっと読み通せました。
カタにはまった人生を過ごしてきているな、と感じる自分(38歳)としては、異質な1冊ですね。もう少し若い時に読んでいると、自分の今のはまっている「カタ」から飛び出せ、といったことを考えるような気がしますが、今だと、「カタ」にはまった自分も肯定しつつ、何か違うものが見える、そんな気がしました。
  • by ミムラ
  • 2013/11/10 10:59 PM
ミムラさん

ありがとうございます! 磯辺の生き物は強くしなやかです。どんどん磯辺にいきましょう!ミシマ
  • by mishima
  • 2013/11/18 12:55 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL