CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 寺小屋ミシマ社in仙台 について | main | 白山米店のやさしいごはん、New帯完成! >>
第4回寺子屋ミシマ社は、近藤雄生さんと!
0
    JUGEMテーマ:読書


     ☆★ 11月27日(火) 京都・城陽「ミシマ社の本屋さん」にて 
     寺子屋ミシマ社編集編 (ゲスト・近藤雄生さん)開催のお知らせ  ★☆


    大人気!「公開!編集会議」寺子屋ミシマ社編集編の第4回が決定しました。

    第一回は光嶋裕介さんと「最初の打ち合わせ」を、第2回は江弘毅さんと「本の仕上げ段階」を、第3回は平尾剛さんと「本の途中段階」を。
    これまで三回は、ミシマ社ではまだご執筆いただいていない方々と、「最初、途中、最終」それぞれの段階を公開してきました。
    今回は、寺子屋ミシマ社初となる、ミシマ社刊の著作のある方にご登場いただきます。
    しかも、「シリーズ本をどうするか?」という新テーマに挑みます。

    ゲストは、ミシマガ連載「遊牧夫婦」でおなじみの近藤雄生さん!

    近藤さんは、これまで弊社から二冊(『遊牧夫婦』『中国でお尻を手術〜遊牧夫婦、アジアを行く』)を書いていただきました。
    現在、「遊牧夫婦」シリーズ完結編となる第三弾を執筆中です。

    が、実を申すと・・・

    著者と編集者の両者に、ある不安が湧きあがってきています。
    といいますと・・・

    シリーズは果たして完結するのか?
    いかにして、完結すればいいのか?

    こんな根本的な不安が。。
    もちろん2人とも、シリーズを手掛けるのは初めて。
    そういう手探りだからこそ生まれる、当然といえば当然の不安です。
    その不安真っただ中で、著者と編集者はどんなふうにして、この段階を乗り越えるのか(もしくは、乗り越えられないのか?苦笑)。

    その瞬間を、公開の場で取り組むことにしました。

    『遊牧夫婦』と近藤さんのファンには垂涎のイベントですよね。
    もちろん、特に本シリーズを知らなかったという方にも、
    本の制作まっさい中のこれほど刺激的な場はないはずです。

    皆さまからアイディアを出していただく時間も設けます。

    今回もいつもの寺子屋ミシマ社同様、皆さまとともに、当初では予想もしてなかったような「すごい本」へ向け飛躍をしたいと思っています。
    その瞬間をぜひぜひご体感くださいませ。
    ご参加、心よりお待ちしております。

    【テーマ】 寺子屋ミシマ社・編集編 「『遊牧夫婦』シリーズ、次でほんまに完結するの?」
    【出 演】 近藤雄生氏(『遊牧夫婦』著者)&三島邦弘(ミシマ社)
    【日 時】 2012年11月27日(火) 19:15〜(受付 18時半〜)       *質疑応答、サイン会含め約2時間
    【場 所】 ミシマ社の本屋さん(京都府城陽市平川山道115)
                  *最寄駅 近鉄「久津川駅」徒歩5分      
    【参加費】 1500円  
    【お申し込み】 event@mishimasha.com まで    
     ・件名を「寺子屋ミシマ社1127」とし、          
    ・「お名前」「年齢・ご職業」「ご住所」「お電話番号」ご参加理由」などをご明記くださいませ。
    | イベント | 15:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/995798
    トラックバック
    イベントのお知らせです<Kyoto, Japan>
    今月2回、京都でトークイベント的なものをやります。 11月22日 京都造形芸術大...
    | From 2003 | 2012/11/11 10:48 PM |