めっちゃ面白いイベントを企画しました!

2011年11月12日(土)、ミシマ社京都オフィスにて、 「寺子屋ミシマ社in城陽 特別編!」を開催いたします。

***
「野生! 逆行 !直感! これが本づくりの原点だ!」

尾原史和(スープ・デザイン、プランクトン代表)×三島邦弘(ミシマ社代表)

ゲストに、デザイン会社「スープ・デザイン」の代表、 そして個人ブランドとして立ち上げた新レーベル「プランクトン」の代表をもつとめる尾原史和さんをお迎えしての「寺子屋ミシマ社 特別編」です。
ものづくりの新たなる地平を拓きつづけている尾原さんとのトーク。ぼく自身、ものすごく楽しみにしています。実践的なワークショップも多少絡めて、進めたいと思っています。
参加者の企画会議から生まれた企画。 その企画をプランクトン、ミシマ社ならどうつくるか? どんなデザインにしようとするか?
くわえて、今回はジュンク堂京都店さん、ジュンク堂BAL店さんとの共同開催でフェアもあります。京都店さんは、子どものときからお店に入るのが毎回楽しみでしかたありませんでしたし、BAL店さんは学生時代の思い出いっぱいの場所。この二店で自社のフェアを開催いただけるなんて、夢見てるような心地です。
どうぞお楽しみくださいませ。

以下、城陽オフィス・リーダーのクボタよりご案内です。


デザイナーと編集者。
「つくる仕事」の中でも異なったフィールドで活躍するこの二人ですが、 じつは多くの共通点があります。
ともに、1975年生まれの36歳。
それぞれ、自身で立ち上げた会社を動かす経営者。
学生のころからいまの職業を夢見ていた、というわけではなく、 ひょんなきっかけでいまの道に進むことになった。
そしてなにより、「面白い仕事をする」ということを大切にしている。
今年、二人はそれぞれの体験をベースに、はじめての自著を執筆しました。
尾原史和著『逆行』(ミシマ社)、
三島邦弘著『計画と無計画のあいだ――「自由が丘のほがらかな出版社」の話』 (河出書房新社)。

この2冊の本の執筆秘話をはじめ、 それぞれの「ものづくり」に対しての考え、方法論、これからのビジョンなど、 3時間超という時間を有効に使い、密度の濃い話を展開したいと思います。
そして今回は、なんとイベントと連動して、 ジュンク堂書店京都BAL店、ジュンク堂書店京都店の2店舗で、 プランクトン&ミシマ社の大型フェアを開催いただくことになりました!! 2社の作品をまとめてご覧いただける、全国初の合同フェアです。
京都BAL店と京都店、それぞれまったく違う展開を予定しております。
ぜひ2店舗を行き来して、それぞれ見比べていただけると幸いです。
期間限定のフェアですので、お早めにお立ち寄りください。

このイベントをきっかけに、あたらしい「作り手」が誕生することを願って!
みなさまのご参加を楽しみにしております。

■内容(予定)
1、対談 尾原史和&三島邦弘 「計画と無計画のあいだと<逆行>をつなぐもの」(30分)
2.寺子屋ミシマ社 編集の時間 (企画会議) *いつもの寺子屋ミシマ社の最初の時間と同じです。 (50分)
3.対談 尾原&三島 2の企画会議で参加者から出てきた企画 をプランクトン、ミシマ社ではどうつくるか? どうデザインするか?(60分)
4、質疑応答(30分)
終了後、参加自由の小さな懇親会を開催いたします。(参加費実費 500円程度)

■日時:11月12日(土)13:30〜16:45(13:00開場、休憩あり)
■場所:ミシマ社 京都オフィス *近鉄久津川駅より徒歩5分
■定員:40名
■参加費:一般3000円 / 学生2500円(中学生以下はご参加できません)
■予約:Eメール hatena@mishimasha.com  (件名に「京都オフィスイベント」とご記入ください) (お名前、年齢、参加理由もご明記くださいませ)
■お問い合わせ:ミシマ社京都オフィス TEL.0774-52-1750(窪田)

■連動フェア ジュンク堂書店 京都BAL店 10月15日〜11月13日ごろ(予定)
ジュンク堂書店 京都店 11月1日〜11月末(予定)



多数のご参加、こころより楽しみにしております!


JUGEMテーマ:読書
コメント
多数のご参加、こころより楽しみにしております!http://www.buydrebeatsearphone.com/


コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL