CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 『いま、地方で生きる〜』デザインのこと | main | Get the 米倉先生Power! >>
京都のすごさをまざまざと。
0
    新刊がでるたび、本にはさみこんでいます「ミシマ社通信」。

    chihotushin

    この中に、毎回、私も手書きでひとこと書いています。「三島より」というコーナーで。
    ご存じでした?(笑)

    いま、地方で生きるということ』の中に入っているVol.26では、こんなことを書きました。

    「先日、京都の鴨川を歩いていてあることに気がつきました。
    「多摩川と鴨川、一見してそこにいる人に違いがある!」
    さて、何がそんなに違うのでしょう?
    おわかりになられましたか。
    答え(というより、私の思い込み)は、鴨川にいる人のほうが、圧倒的に上半身、裸! ベンチに寝そべっている人も、だべっている学生さんも、ジョギングしているおじさんも、裸、裸、裸!
    京都で生きるということは、そういう「文化」に慣れることも含めてなのかもしれません」


    京都と東京、どちらにも住んだことのある方、どう思われますか?
    けっこう真理だと思うのですが。。。
    と思っていると、19日に京都・城陽オフィスでお会いしたTさんという女性が、「その通りです!」と同意してくださったのでした。
    九州出身のTさん、三年前にはじめて京都に来たとき、びっくりしたそうです。
    「どうして鴨川にいる男の人は裸なの??」
    「パンツといっても、それ、ギリギリすぎません・・・というのを穿いたおじさんもいるし」

    いえいえ、これ、本当です。
    昨日から涼しくなりましたが、夏の京都に行ったときには、ぜひお確かめください。鴨川にいる裸族たちを! それこそ、真の京都に触れるということなのですから(たぶん)。

    ちなみに、Tさんとは、こんな疑問をぶつけあってもいました。
    「裸は、鴨川内だけ許されるのか? 上半身裸でジョギングしていたおじさんが、鴨川を出て、そのまま自宅まで走るのはOKか?」

    おそらく、鴨川内だけ、それも、丸太町より北からだけがOKなのだろうという結論で、いったん落ち着きを見せました(三条に近づくほど、カップル中心になるので)。

    すると、その日の夜。
    クボタ君と、四条烏丸から、南へ向いて歩いていると。

    烏丸通り沿い、四条から一本南にいった角に、

    いた。

    上半身裸のおじさんが、

    いた。

    信号の下になぜ置いてあるパイプ椅子に、上半身裸で座っている。
    夜の10時に。一人、裸で!
    どうやら、気持ちよさそうに、眠っているようだ。

    なぜ?

    という質問はおそらく愚。
    もう、そういうもの、としかいいようがない。

    京都は、こういう不思議の町。
    本当のすごさは、観光ガイドには絶対に載っていない。
    店は気取ったところも多いかもしれないが、お金のかからないところ(道とか橋とか川)に、本当の京都が眠っている。
    そしてそこには、五感を刺激してやまないものがある。

    わずか一泊でしたが、あらためて、そのことを思い出すことのできた出張でした。

    京都は、やっぱりすごいわ!
    | 思いついたこと | 17:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
    コメント
    Tです。それが本当の京都だ!と言い切れるかはわかりませんが、裸、多いですよね(笑)また話しましょう。
    | Tです | 2011/08/22 12:27 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック