突然ですが、明日、こんなイベントに出演させていただくことになりました。


この編集者がスゴい!トークライブ」

2010年6月15日
18:30開場 19:30開演 22:00終了●


ちなみに、ぼくは21時過ぎからの登場のようです。
たぶん、その時間にはほとんどお客さんもいらっしゃらないのじゃないかとすこし不安です。ご都合つくかたは、ぜひいらっしゃってくださいませ。


「どうしてぼくは『自画自賛』が多いのか?」
ということについてお話しようかと(勝手に)思っております。
その個人的状況が、「今の編集者」を考えることにもつながっているような気がしておりまして。。もちろん、仮説に過ぎませんが。

明日、お会いできますことを楽しみにしております。

以下、場所と主催者の方からです。



会場:TOKYO CULTURE CULTURE 東京カルチャーカルチャー
住所/東京都江東区青海1丁目パレットタウン Zepp Tokyo2F
http://tcc.nifty.com/accessmap/
交通アクセス:ゆりかもめ 「青海駅」前、りんかい線 「東京テレポート駅」より徒歩5分 
※りんかい線では、池袋より28分、新宿より23分、渋谷より17分、 恵比寿より14分
観覧車の横、Zepp Tokyoの2階となります。

●主旨
不況、黒船来襲、書店数減少……
出版界を取り巻く状況は厳しさが増し、悲観的な話題ばかりがならぶ昨今。
しかし、考えてみれば、これほど連日、出版関連のニュースが賑わってる時代はなかったかもしれません。
ある意味、世間の注目が集まってる今こそ、新しい取組みをするには最高のタイミングとも言えます。

出版には欠かせない存在ながら、今まではどちらかと言うと、縁の下の力持ち的な存在だった「編集者」にスポットライトを当てるのが、このイベントです。意外と知られていない一面、裏側、その魅力に迫ることで、新たなる「本の魅力」を浮かび上がらせます。
↑ ↑
三島様より、会社を立ち上げた経緯や個々の書籍づくり、販路の構築・・・など、お話を伺えたらと思っております。


とのことです。がんばります!
コメント
昨日のトークライブではありがとうございました!

終了後、ばたばたで挨拶もできませんで失礼しました。
是非またゆっくりとお話させていただけると嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします。
お疲れさまです(*'-'*)。
『ドンマイ ドンマイッ!』、評判大変良いようで何よりです♪ファンとして嬉しいです(*^^*)

ところで、1週間ぶりにロムらせて頂いて見れば…(*'o'*)
おお!こちらでのイベント、自分も何度か出演させて頂いたこと、ありますヨ!o(^^)o
(何故か本業のプロレス・メインでは一度もないのですが(^^ゞ
ex「左利きナイト!」↓
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_071018181620_1.htm


…よくイベンターから言われたのは、「(会場入口が通り道になく)デッドスペースになる」こと。
事実、最初は同会場は、イベント・スペースではなく、レストランのみだったそうですd(‥)
アハハ、僕が参加した中にも、スタッフの数がお客より多いという、メジャーバンドの売れない頃のエピソードのようなイベント、少なからず、ありました…(笑)

ただ、見ず知らずのお客様の前で喋る経験って、やっぱりなかなかないですし、その面では、凄く糧になった気がします(*'-'*)。
未だに、壇上に行くと、ただ、無我夢中になっちゃって、観客との距離感って、わからないですけど…。
(!)
そういえばプロレスラーの方も、デビューされた時は、
「無我夢中で、何をやってるかわからなかった」
と言いますよネ!丁度そんな感覚なのかも?!o(^^)o(←なんでも結びつけちゃうのは良くないが(苦笑)。と言いますか、僕にも進化がなさ過ぎですが(笑))

*あの御方なんて、デビュー前の大変な日に、リングに上がってます。結婚、本当にめでたいですね(*^^*)。きっと文中の師匠も喜んでます…(*'-'*)。
http://bemss.jp/g-spirits/cont104_003_003.php?kmws=dd99f8d4d749d47c5640e1adc4a44bcc
(瑞佐富郎の今週のプロレス記念日☆第94回『デビュー前に、リングに上がった男』)

あの会場の綺麗なビジョンで、いつかプロレスの名勝負を流させて頂きたいものです♪
  • by 瑞 佐富郎
  • 2010/06/22 6:17 PM
コメントする
トラックバック
僕は中学の頃から編集者に憧れていたので、昨晩、ステージに上がっていた方々は、まさに僕にとってのヒーロー、ヒロインです。その方々と曲がりなりにも同じ土俵で勝負できる立場に、...
  • 12歳の文学賞ブログ ◇すごいぞ、日本の小学生◇
  • 2010/06/16 1:21 PM
この記事のトラックバックURL