CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 朝日新聞にドカーン | main | 『ナイト ウォッチ』 >>
to All Editors
0
    今日、『デザインのひきだし』の津田さんにお会いしてきました。

    あーーーー、おもしろかった。
    ひあーーーーー、楽しかった。

    取材のあと、思わず飛び上がりたくなるくらい元気いっぱいになりました。

    とにかく、すごかった。こんな編集者がいらっしゃったんだ、と腰が抜けそうな衝撃を受けたのです。
    『デザインのひきだし』が出るたびに度肝を抜かれていましたが、その作り手でいらっしゃる津田さんご自身が、やはり、飛びぬけたエネルギーとバイタリティの持ち主でした。
    詳しくは、来月号からのミシマガジンでご紹介いたしますが、なんと、あの凝りに凝った一冊を、たった一人で企画編集されているのです!

    一冊をつくるたびに、2〜300人と名刺交換をするらしい。
    4カ月かけてつくる最初の一カ月は、ありとあらゆる関係者に話を聞くという。取材ではなく、あくまでリサーチとして。
    実際の取材は、「全部」津田さんが行くらしい。
    そして、半分近くは、自分でまとめまでするそうだ。
    しかも、「一冊」をつくるのに、複数の印刷所、加工会社、製本所さんなんかを巻き込んでいく。・・・・・

    いやはや・・もう言葉が出てきません。
    完全に打ちのめされました。

    こんなエディターがいたなんて!

    いやぁ、自分ってぜんぜん甘いなぁ。というか、これくらいやらなきゃ、ほんまもんやない! とすさまじく熱くなったのでした。

    すごい一冊にはすごい人がいる。
    あらためて痛感した次第です。

    「編集」と名のつく職業についている方は、「デザインのひきだし」は必携! と声を大にして申し上げたいです。「一社に一冊」ではなく、「一人一冊」もっておかねばならぬ本だと心の底から思います。

    なぜなら、「THE BOOK」ですから。

    津田さん、豪快で爽快で愉快なお話、本当にありがとうございました!
    | 思いついたこと | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック