CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ほしいものはみつかりました? | main | 寺子屋ミシマ社、大爆笑のうちに >>
目と手で読むから面白い
0
    先日、産経新聞の方から「電子書籍についてひとこと書いてください」というご依頼をいただきました。
    門外漢であることを断ったうえで、下記のようなことを述べました。
    掲載文、ほぼそのままです!




    「電子書籍と本の違い」

    「大間のまぐろと同じ味を、好きなときに好きな場所で味わえます。たったひと粒、口に放り込むだけで、10貫分の栄養と味わいが。しかも値段は100円! お寿司サプリ――これでもう、高いお金を払ってお寿司を食べる必要がなくなります」…。
    この広告、なんだかヘンじゃありませんか? たしかに理屈は間違ってない。世界中どこにいても24時間いつでも一級品の味を破格の値段で享受できる。それは疑う余地なく便利なこと。けれど何かがヘン。何が? と考えると、「そもそも」お寿司サプリとお寿司は別モノなのだ。「お寿司味」という同種ではあるが、用途も目的も味わい方もつくり方も全然違う。つまり、お寿司サプリを口に入れたところで、お寿司を食べたことにはならない。お寿司サプリを摂りこんだ、という以上でも以下でもない。にもかかわらず、冒頭の広告では別モノの二つを同列に論じている。そのために違和感を覚えたのだろう。後半の「これでもう」以下は不要だし、ここに入ること自体がおかしい。
    だが、この「ヘン」なことは今現に盛んに叫ばれている。「電子書籍――これでもう、高いお金を払って本を読む必要がなくなります」こんなふうに。こういう記述を見るたびに、ヘンな違和感をおぼえてしまう。その理由は上記のとおりだ。電子書籍(お寿司サプリ)と本(お寿司)は「読み物」という点で同種ではあるが、味わい方もつくり方も違う、別モノと考えるほうが「しっくり」こないだろうか。
    もちろん、本を編集し発刊することを生業としている身にとって、電子書籍が普及することにネガティブな要素は何もない。お寿司を食べたことのない人がサプリを通して「お寿司味」を知れば、本物のお寿司を味わいたいと思うようになるかもしれない。その意味でも歓迎すべきことにほかならない。ただし重要なことは、両者はそもそも別モノであって、共存関係にあるということだ。だから、電子書籍がどんなに普及したところで本はなくならないし、そもそも電子書籍も「本」がなければなりたたない。お寿司の味があって、初めてお寿司サプリが成立するように。
    こんなことを言うと、「でも、音楽はCDがなくなってほとんど配信になったじゃない」という意見が返ってくるかもしれない。なるほど。たしかに音楽の世界ではiPodはじめ電子配信の音楽が業界の構造を塗り替えつつある。だが、音楽の例を本に当てはめるのはかなり無理があると思う。なぜなら、この二つは根本的に違うのだ。
    音楽は「耳で聴く」もの、本は「目で読む」もの。だが、本には「目で読む」以外に、それに匹敵するくらい重要な行為が必要となる。それは何かといえば、「手で読む」という行為だ。実は私たちが本を読むとき、「目で」読む以外に、「手で」読んでいる割合がそうとう高い。たとえば、速読、資料収集、同じ本の再読…こういうとき、ページをぱらぱらとめくりながら「必要なこと」「思わぬ発見」「昔の記憶」などを手を通して体感している。もちろん、通常の読書においても、読み進むにつれページが薄くなっていく感覚を「手が」感じている。「ああ、もうすぐ終わりだ」「もっと読んでいたい」手で読んだこうしたメッセージを受け取りながら目でストーリーを追う。そう考えれば、「目で読む」だけで得ることのできる要素は実は半分くらいのものだろう。紙質を感じながらページをめくる、ページの位置を手で確認しつつ全体を俯瞰する…本を読むといったとき、こうした「手で読む」ことが、「目で読む」ことと最初からセットになっている。「耳で聴く」ことでほぼ完結する音楽と、決定的に違うところだ。
    そう考えれば、本の出版社がこれからやることは自ずと決まってくるように思う。「(目と手で)読んで面白い」本をつくり、読者の方々にそれを届ける。それに尽きるのではないだろうか。2006年10月に創業したミシマ社ではその活動を「原点回帰」と位置づけ、とにかく一冊に「全身全霊」を傾けた出版活動に励んでいる。
    本質的に面白い本をつくり、届ける。そこに、紙か電子かの違いはない。
    (ミシマ社代表 三島邦弘)
    『産経新聞』大阪版 2010年5月7日夕刊より
    | 出版 | 23:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    絶妙な表現で、とても共感します!

    業界人として、トレンドや最新技術はキャッチアップしていかなければならないことだと思いますが、本質を見失うことないようにしたいですね。

    「原点回帰」、お互いがんばっていきましょう!
    | 小早川幸一郎 | 2010/05/12 11:28 AM |
    小早川さん

    コメントありがとうございます! 小早川さんにも共感いただけ、とても嬉しいです。
    本当にそうですね。原点を大切に、がんばっていきましょう!
    | mishima | 2010/05/13 1:32 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/995506
    トラックバック