CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 第1回 タツル・カップ発表! | main | 『坊さん。』、快走中! >>
楽しい時間、悲しい時間
0
    昨晩はGreen Drinksのイベントに参加させていただきました。
    平日の夜にもかかわらず、140名もの方々が来てくださったそうです。
    思いつくまま口にする、という「いつもの芸」ではありましたが、終了後、「おもしろかったです」と多くの方に声をかけていただきました。ありがたいことです。
    お一人お一人もっとゆっくりとお話させていただきたかったのですが、あまりお話できない瞬間もあったりして、失礼いたしました。
    また、違う機会でお会いすることがあると思います。そのときを楽しみにしています!
    それにしても、あんなに多くの前向きな素敵な方々とお会いでき、本当に楽しかったです。
    これも、イベント運営に尽力くださったツボネさんのおかげです。トークをご一緒した、スズキさん、カネマツさん、仕事百貨の中村さんにも大変お世話になりました。皆様、どうもありがとうございました。

    最高でした!

    とパワー充電した翌日の今日、悲しい報告がありました。

    すごくお世話になっていた書店員のAさんがおやめになると聞きました。
    ざんねん・・・。そんな殺生なと思いましたが、すでに決まったこと。新天地でのますますのご活躍をお祈りするばかりです。
    先日は、編集者のTさんが、ある出版社を突然退社。その会社を背負う活躍をされていた方々がいなくなるというのは、同志を失ったような感じがして、やはりさびしい。
    ちがう形でお仕事をご一緒させていただくことはあろうかと思うのですが。
    ただ、自分たちの非力さゆえ、すぐに何かをご一緒できないことがもどかしく。わが器量の狭さに忸怩たる思いです。

    形は変われど互いに励ましあい、それぞれに活躍していきたいものですね。
    悲しい時間のあとには再び楽しい時間がめぐってくる。そう信じて。
    | 出版 | 22:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    昨日はお仕事中にお邪魔いたしました。
    電話や文章で上手にお伝えする自信が無く直接お伺いすることにしました。
    良いご報告でなく恐縮ではありましたが、晴れた昼間のミシマ社内でお話させていただくと、
    不思議と明るい気持ちになりました。
    そして自分自身も居心地の良い場所を探す時期なんだなと感じました。
    これからも読者として、ひっそりと、しかし熱烈にミシマ社ファンでいます。
    いつかまたお仕事仲間として、ご一緒する野望も秘めつつ。
    なので、ありがとうございましたと同じだけの気持ちで、
    これからもよろしくお願いします!
     
    | 書店員・A | 2010/03/13 2:59 PM |
    Aさん こちらこそよろしくお願いします!
    退社は一時的に悲しいことではありますが、これからきっと、ちがう喜びがちがう形で待っているんだと思います。「成熟は葛藤を通じて果たされる」(『街場の教育論』)ですから! 
    | mishima | 2010/03/14 6:31 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/995482
    トラックバック