CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 『教育論』、朝日新聞で書評! | main | 頭と体がバラバラに >>
カリスマ書店員さんの『教育論』
0
    「週刊現代」(09/2/14号)で、リブロ別府店の祐保(すけやす)博美さんが
    街場の教育論』をご紹介くださいました。

    中学二年生から職場体験学習の申し込みがあったことが
    とにかくうれしかったという祐保さん。
    担当の先生と打ち合わせなどするなかで、
    本書を思い出してくださったようです。

    『街場の教育論』では、一時期耳にしない日はなかった「教育再生」がなぜいわれなくなったのか、についてということから、実際に教育に携わる学校と教師に全て一任すべきであるという教育論が語られている。政治家が教育改革を主眼にすえても、その効果はすぐに実証できないため、「私たちはこと教育に関しては、自説の誤りの責任を取るリスクを取らずに、言いたい放題に言うことができる」と内田氏は述べる。いままで抱いていた教育問題への違和感をすべて代弁するかのような一言であり、自戒の思いで分析できてこその教育論であると、改めて思った。問題提起だけではなく、解決策も示してこその内田氏である。教育問題に携わる人だけではなく、就職活動に悩む学生にもぜひ読んでいただきたい。努力すれば報われる受験とは正反対の就職活動で何かを感じているならば、読後の成長が期待できる。



    「努力すれば報われる受験とは正反対の就職活動で」という一文にぐっと来ました。
    素晴らしいご紹介をありがとうございました。

    多くの方々にご紹介いただき、そのたびに飛び上がるように喜んでいます。
    その中で最近気がついたことがあります。
    皆さんが実にいろんな読み方をしてくださっている。
    百人百様の読み方がある。
    しかも、読むたびに新しい視点を獲得できる。
    こうした多面性こそが、本書の最大の魅力ではないかと思いました。

    一度お読みいただいた方も、ぜひ再読してみてください。
    きっと違う面白さに出会うはずです。
    | パブリシティ | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/785310
    トラックバック