CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「御礼の会」にて誓いをあらたに | main | メリークリスマス! >>
作り手の愛情
0
    素敵なゲストと贈り物はとつぜんに。

    昨日は、とてもいい出会いがありました。

    ひとつは、チェコ総合雑誌「ツックル」をつくっていらっしゃるハクメさんにお会いできたこと。

    cukr

    私も旅人だったころ(笑)、
    チェコを周ったことがあるので、
    あの国の良さは少しはわかるつもりでいました。
    けど、ハクメさんの思いは、すごい!
    半端じゃない「チェコ愛」が、
    ふつうにしゃべっていても伝わってきました。

    その偏愛こそが、あの素敵な雑誌を支えているんだとわかりました。

    もうひとつは、福岡の一平君から野菜が届いたこと。
    大学卒業後、「農こそ最強!」と一念発起し、
    地元で農家に弟子入り。
    今年から念願のマイ農地をもち、日々奮闘している青年です。

    大きなダンボールをあけると、
    中には、大量のお野菜が。
    一見して、
    「おいしそう!」と思いました。
    つやと香りが、とてもいい。
    食べなくても「おいしさ」って、
    ふしぎに、「伝わる」ものですね。

    作り手の愛情って、無条件に伝わるんだなぁ。


    ハクメさんと一平君。
    つくってるのは、チェコ雑誌とお野菜でぜんぜん違うけど、
    共通しているのは、
    「なみなみならぬ愛情」をそこに注ぎ込んでいること。
    そしてそれを「楽しんでやっていること」。

    これだー!
    と思わず叫びたくなる瞬間でした。

    私が会社をたちあげた最大の理由は、
    「一冊を大切にする出版社つくりたい」。
    一冊の力を信じたい。
    長く愛される本をつくっていきたい。
    そういう思いが、原点でした。

    「愛情をこめたものは、
    必ず伝わる」

    それを信じてこれからもがんばっていこうと思いました。

    ハクメさん、一平君、ありがとうございました!
    それぞれの道でがんばっていきましょうね!!
    | 会社 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(2) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mishimasha.com/trackback/138415
    トラックバック
    出版ということについてちょっと
    CUKR[ツックル]を首を長くしてお待ちの皆様、本当にすみません! まだ12月申
    | CUKR[ツックル]編集日記 | 2006/12/26 10:35 AM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2006/12/29 10:45 PM |