JUGEMテーマ:読書
 
京都市役所のほぼ真下に、ふたば書房御池ゼスト店はあります。
ビジネスの中心通りである御池と、京都一の繁華通りである河原町通りの交差点から東にちょっと行った、京のど真ん中といっていい場所。

ふたば書房御池ゼスト店は、そんな中心地の地下商店街にあり、その一角には、なんと「ミシマ社コーナー」を設けてくださっています。
(ありがたや)

zestmishima

このお店さんでは、ミシマ社本だけでなく、ミシマ社に関係している方々の本なども並べておいてくださっています。
たとえば今は、『善き書店員』著者である木村俊介さんが選んだ「3冊」があります。

また、数カ月に一度、私が京都にまつわる本を選書させていただいてます。

・第一回
鷲田清一『京都の平熱』
湯川秀樹『旅人』

・第二回
太田和彦『ひとり飲む京都』
司馬遼太郎『空海の風景』

まもなく第三回選書本が展示されます。
今回、選書した二冊は、

森見登美彦『聖なる怠け者の冒険』
千宗屋『茶――利休と今をつなぐ』


どんどん変わっていく棚、行くだけで楽しい気持ちになるので、ぜひ足をお運びください!


ちなみに、この近辺には、素敵な本屋さんがいっぱいです。
ジュンク堂朝日会館店は、目と鼻の先ですし、
さらに河原町通りを南下すれば、ブックファースト京都店、FUTABA+マルイも。
四条通沿いには、ジュンク堂本店、
四条烏丸まで行けば、くまざわ書店、大垣書店四条店があります。

そこから再び、進路を北にとると、
大垣書店烏丸三条店(ミシマ社京都オフィスのすぐ近く!)が。
このお店さんにも、「ミシマ社コーナー」ありますよ!!

ときどき、私もこのあたりの本屋さんめぐりをしては、至福のときを過ごします。
先日は、ふたば書房御池ゼスト店から寺町通りをしばらく北上したところにある「三月書房」さんに、久しぶりに行きました。
前日にたまたま『ハンナ・アーレント』を観ていたので、アーレント本が欲しいとは思っていたのですが、見事にそれがありました。
またミシマ社の近刊『あわいの力』で安田登先生が触れている『ピダハン』も購入。
けっして広いとは言えない空間に、そのときその人が欲しい一冊がちゃんとある。
三月書房さんの恐ろしさを、あらためて感じた訪問でした。

ともあれ、15年ぶりに京都に戻ってきた私です。
仕事をするものとしては新参者に過ぎません。
先輩の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

以上、「京都の本屋さんめぐり・街中編」的ご挨拶でした。
JUGEMテーマ:読書


8月はぜひ、「ミシマ社の本屋さん@城陽」へ!

今月のオープンは、
8月10日(土)、11日(日)12日(月)、13日(火)
17日(土)
24日(土)
31日(土)

となります。
開店時間は、10時半〜17時。
京都府城陽市平川山道115 にてお待ちしています。
(車も一台、停めるスペースがあります。
お問い合わせは開店日のみ:0774−52−1750)

「ミシマ社の本屋さん」でも大人気、三重のkalasの新刊も入荷しています。
ちなみに、最新号には、私もちょこっと登場しています。5月におこなわれた盛岡のブックイベント・モリブロのレポートのなかで。

そうそう、最近、絵本も充実しています。
村上春樹さん訳のオールズバーグ作の絵本はほぼそろっていますし、手塚治虫さんの絵本もあります!
その他、旅の本も充実。
なかでも、安田登先生の『異界を旅する能』は、私のおススメ本としてプッシュしております。

もちろん、ミシマ社の新刊『自由が丘の贈り物』もあります!
そして、なんといっても、出来立てほやほや「ミシマ社7周年記念Tシャツ」も販売しています。
また、「みんなのミシマガジン」サポーターの方だけにお送りしております「紙版」の見本も置いています。
ぜひ、お手にとってご覧くださいませ。そして、サポーターになってくださいませ〜〜!

ご来店を心よりお待ちしております。

☆イベントのお知らせ

8月18日は、「ミシマツリ」!
当日参加も可能です。
ただし、インド料理のランチをご希望の方は、前もってお申し込みいただければ幸いです。
こちらにて、詳細ご覧くださいませ。
ぜひぜひ、ご参加くださいませ!

JUGEMテーマ:読書



先日、平素よりお取り引きいただいております書店様へ、お手紙をお送りさせていただきました。

単刀直入に申しまして、ミシマ社の本を全点置いていただけないでしょうか、というお願いです。といいますのも・・・

弊社は創業より一貫して、「絶版本をつくらない」という方針です。
それは、本は生鮮食品ではなく、新刊も既刊も本来ない。その人が出会ったときが、その人にとっての「新刊」。 そういう思いから、常に刊行したすべての本を持ち続けることにしております。

ただ、そう思いつつも、肝心の本が本屋さんに置いてなければ、手に入れていただくことはできません。結局、ネットで買っていただくほかない、という事態になりかねません。

やはり本屋さんで本は買っていただきたい。

それがミシマ社の強い思いです。

そしてその流れを実現するために、ぜひともお力添えを賜りたいのです。

ミシマ社コーナーを設けていただく。
あるいは、
各ジャンルの棚に置いていただく。

どちらでも構いません。
読者の方々が、「ミシマ社の本、読みたい」、そう思ってくださったときにちゃんと出会うことができる。
その状態をなんとしても実現していきたく希望しております。

ミシマ社の本、すべてあります。」

こうした形で、弊社のホームページならびに、「みんなのミシマガジン」の中に置いてくださるお店様の店名とリンクを貼らせていただき、読者の方々へ案内するつもりです。

お力添えのほど何卒よろしくお願い申し上げます。



honyatusin2


JUGEMテーマ:読書


 ただ今、京都府城陽市の「ミシマ社の本屋さん」 @mishimasha_joyo は、毎日開店しております。
ここのところ土曜日のみの開店でしたが、5月6日まで、ずっと!

5月3日は、昨年にひきつづき、
カイドウコーヒーさんのSOTO CAFEにも、「出張」します!
もちろん、本屋さんも開いています。
どちらも、ぜひぜひ立ち寄ってくださいませ。
(午前10時〜午後4時)

kaido


ご来店お待ちしております!!

☆ミシマ社の本屋さん
ゴールデンウィーク中

開店時間:10時半〜17時

京都府城陽市平川山道115
     TEL&FAX:0774-52-1750

JUGEMテーマ:読書


 玄光社さんから、『京都 本屋さん紀行』という本が出ます。

genkosha1

カバーからして、おしゃれ。
おしゃれ本屋さんは確かに京都には多そう。

そう思ってページを開くと、「find something new」という章から、本書は始まります。
紹介されている書店は・・・
「メリーゴーランド京都」「恵文社一乗寺店」「FUTABA+京都マルイ店」
うんうん、いずれも誰もが認めるステキ本屋さん。
もちろん、僕も大好きです。

その次はどんな本屋さんだろう?
と思ってみると。。。。
どひゃ。
なんと、なんと、なんと!
なんと、我らが「ミシマ社の本屋さん」@城陽 ではないですか??

genkosha2

ちゃっかり写真まで出てるし・・・(↓)

genkosha3


ここに登場する本屋さんは、どこも個性的で、京都に来たら一度は行きたいお店ばかり。
「古書善行堂」「三月書房」「レティシア書房」「アスタルテ書房」「ガケ書房」「世界文庫」などなど。
そんななかに、毎週土曜日しか開店しない「ミシマ社の本屋さん」が入り、なんとも肩身が狭いです。。
が、新参者ではありますが、元気いっぱい、みなさんをお迎えしたいと思います。

「読書スペース」もでき、くつろぐのにぴったりな空間です。
今週末(3月30日、31日)は両日ともに開店してます!

もちろん、31日の午後2時からは、「寺子屋ミシマ社in城陽」です!! ご参加お待ちしております!!
JUGEMテーマ:読書


 朝日新聞(2013/1/11、大阪版)の夕刊「本屋の棚心」にて、夏葉社刊の『冬の本』を短評いたしました。

本は冬に読むのがいい。なぜなら、それは人の体を、なにより心を温めてくれるものだから。夏葉社刊『冬の本』をパラパラめくると、瞬時に、そんな気持ちになる。84人のエッセーを掲載する本書は、達人の名文とともに、各人の選ぶ「冬の本」をも味わうことができる、小粒なのにぜいたくな一冊だ。復刻本中心に刊行してきた同社にとって、現存する著者たちによる、初の書き下ろし作であることも特記したい。(ミシマ社の本屋さん・三島邦弘)

fuyunohon

JUGEMテーマ:読書


 ミシマ社の本屋さん に雑誌ラックを置きました。
(デッチのショウジさん、蛍ちゃんが、組み立ててくれました。ありがとう!)

ミシマ社を掲載いただいた雑誌やら、立ちみ用(実際には、座り読み用・笑)「月刊佐藤純子」やら、デッチのオオノさんがつくってくれた「ミシマ社 BOOK]なんかも並べてます。

joyozassitana


「紙の月刊城陽」(12年11月号)も、デッチ蛍ちゃん中心に、関ジュニメンバーの頼りがいあるサポートを得て、かなり充実の紙面になりました。
1面は、江弘毅さんとの「寺子屋ミシマ社」の模様を。

gekkanjoyo2

 裏面は、「森の案内人」三浦豊さんインタビュー&関ジュニ・ヤマカツの「本を語る。」です。

gekkanjoyo

談春さんの『赤めだか』を冷静を装いつつも熱く紹介しています。

ぜひ、この「月刊城陽」をもらいに来てください。
ご来店、お待ちしております。
>◎ミシマ社の本屋さん
開店:平日12時〜19時(土日は不定 HPでお知らせいたします)
場所:京都府城陽市平川山道115
電話:0774−52−7150



JUGEMテーマ:読書


 「ミシマ社の本屋さん」、へなちょこなりに、日に日に、面白くなってきてます。

GW明けから、平日は毎日オープンしています。
12時〜19時。
場所:京都府城陽市平川山道115 (最寄駅は、近鉄「久津川駅」です)


これまでミシマ社の本を生み出してきた「ちゃぶ台」が、自由が丘からこちらにやってきました。

tyabudaijoyo

ミシマ社のすべては、このちゃぶ台から。
(ちなみに、自由が丘には、ひとまわり大きなちゃぶ台が置かれてます。)

このちゃぶ台に、ミシマ社本を並べてみました。

chabudaibook

うーん、やっぱりしっくりくるなぁ。

今日は、この周りにパネルをつくりたいです。

しばらくのあいだ、『ドンマイ ドンマイッ!』パネルも置いてますので、そちらもぜひご覧にお越しくださいませ!
(このパネルの前に、あの小橋建太選手もたったのですよ!!)

donmaipaneru



新しい本も、日々、増えています。
お近くの方も遠方の方も、古墳も近くにあったりして楽しい場所ですので、ぜひぜひ、お立ちよりくださいませ。

お待ちしております!




JUGEMテーマ:読書

丸善&ジュンク梅田店(茶屋町) の、なんと1階で!

ミシマ社フェア、それも「出張・ミシマ社の本屋さん」フェア、開催中です。
 
mj1


いったい、なんなのだ。出張って?
しかも、たんにミシマ社ではなく、ミシマ社の本屋さんって??

詳しくは店頭で。
と申したいところですが、梅田に行けない方も多いので(当たり前ですね)、このブログでも委細、紹介します。
後日。
乞うご期待!


お店に行ってくださるみなさまへ。

私の渾身のPOP、ぜひぜひ、ご覧いただけますと嬉しいです。
JUGEMテーマ:読書

 「ミシマ社の本屋さん」がオープンして早1週間。
この間、ご来店くださいました皆様、本当にありがとうございます!

今週は、土曜日まで毎日開店いたします。

2月6日(月)〜2月10日(金)12時〜19時。
2月11日(土)10時〜17時

*2月9日(木)は、私が一日 店長をつとめます!

●場所  ミシマ社城陽オフィス
〒610-0101
京都府城陽市平川山道115 ミシマ社京都オフィス内
TEL 0774-52-1750

ご来店、こころよりお待ちしております。


なんと、本日から、KBS京都で紹介されます!

2月6日(月)〜10日(金)KBS京都 午後5時50分〜54分

新文化(2012年2月12日)でもご紹介いただきました。

shinbunkajyoyo

「・・・そんな「ミシマ社の本屋さん」運営の鍵を握るのは、関西の大学生を中心に結成された「関西仕掛け屋ジュニア」、略して”関ジュニ”だ。…本業の傍らで営業するため、開店は週2〜3日と不定期だ。営業日・時間はホームページとオフィス前の看板で確認できる。それでも、窪田氏は「事前に連絡を頂ければ店を開けておきます」と話している。(略)」

これまで出版社として本づくりとその営業を主業にしてきましたが、
直接お客さんが訪れてくださるのって、
ほんと楽しいです。
こんな本置いたら喜んでくださるだろうな、とか考えてる瞬間は、嬉しすぎてたまりません。

近く、拙著『計画と無計画のあいだ』を出していただきました河出書房さんの本も置かせていただく予定です〜。楽しみ〜〜〜。