タツル・ペーパー』、もうご覧いただけましたでしょうか?

先ほど、三省堂神保町本店さんで、内田樹・巨大フェアが始まりました。

tatsuruclub


デザイン面では『タツル・ペーパー』につづき、オフィスキントン加藤さんにお力添えいただきました。加藤さん、ありがとうございました!

そして、設営ではミシマ社・ハヤシが大活躍。お疲れ様でした!!

前代未聞のドデカフェア。ぜひぜひ足を運んでご覧くださいませ。

おはようございます!

今日は、北海道出張最終日です。ツイッターではちょこちょことその行脚レポートをしているのですが、使っていない方のために時系列に貼り付けてみました。(使ってない人というのは、たとえば親、うちの社員、友人…ほとんど身内!)



.9月6日

いざ北海道へ!と勇み、羽田に到着。が、機材不良とかで欠航。がーん。羽田で一時間半も足止め。勘弁してよー、ほんとに。数時間しか寝ず、急ぎ来たのにさ
(am9時 Sep 6th)


北海道着!その瞬間、閃いた!!よっしゃ〜。眠れぬ日々も終わりそう。ミシマ社五年目に向けて。これはいい!にしても、思い付くまでの時間っていつもどうしてこんなに苦しいんだろ?思いついた今となっては、いたってシンプルなことなのに
(13時 PM Sep 6th )

補記:この日は、札幌駅周辺を回りました。
お会いできた方々、みんな優しくて感激の一日!
夜は、旅の友人・ハヤシノ君に地元の安い焼き鳥屋さんに連れていってもらいました。満腹になりほっこりしてたら、「本当の札幌ラーメンを食わしてやる!」と言われ、寶龍さんに。もともとの札幌味噌ラーメンってこんなに素朴な味だったんですね。お腹がはちきれた。



・9月7日


北海道は晴天です。レンタカーで旭川に向かってます。さあ今日も営業活動がんばるぞ。
(9時)

旭川まできてマクドかい!
(13時半)

ワタナベと車中でマクド。これが案外いける。 一時間後に札幌に着いてなきゃいけないのです。ぶっ飛ばせ、ナベ!今日は一度も運転しないでボケボケしてるミシマです。
(13時半)

補記2:ワタナベの奇跡のドライビングによって、無事にコーチャンフォー(ミュンヘン大橋店)のOさんとお会いできました。遅れたのに、親切に対応いただきありがとうございました! それにしても、北海道は、すばらしいお店が多く、行く先々で本を大量に買ってしまう。帰りが重そう。。。


今日最後の訪問店、くすみ書店さんクスミ店長との歓談終了!今から晩飯だ、わーい。くすみ店長はじめ、今日お会いした皆様全員、ちょーステキ!最高に楽しかったです。本当にありがとうございました。
(22時15分)

ディスカバーの吉井さんと遭遇。今僕らのレンタカーに乗ってます。なんだかほんとの旅みたい。
(22時半)

補記3:この日は、旭川、札幌郊外のお店を8店訪問。地元の人顔負けの移動力を発揮しました!(←自画自賛ですね)
結局11時過ぎに夕食にありつけました。地元のおっちゃんに訊いた、二番目にうまいといわれる「ダルマ」というジンギスカン料理店で(一番店は、店主の気まぐれにより、その日は閉店)。腹いっぱい。最高においしかった!しかも3人で4千円。北海道は太っ腹だ。

では、最終日の営業行脚、行ってまいります!
明屋(はるや)書店さんはやっぱりステキだった。

先週末、『ボクは坊さん。』イベントで今治本店、大街道店にうかがったが、どちらの店舗もどの店員さんも温かい。

haruya2
明屋書店大街道店の店頭

店頭の看板には、安藤明創業者の言葉。
「書店に立ち寄ると、あなたを向上させる何かがある」
全てのお客さんがこの言葉を上目に見つつ、店頭に入る。
なんとも粋ではないか。

昭和30年代、書店をやるなら明屋にいけ、といわれたそうだ。
「善光寺詣で」ならぬ「明屋詣で」ということで、全国から関係者が松山に集まった。そして「ハンマーでなぐられたような衝撃を感じた」書店の店長もいたという(田中治男著『踏んでもけっても』書店経営研究会)。

それもこれも、安藤明さんという人の気骨が半端じゃないのだ。

「見たことはやったことにならない。聴いたことはやったことにならない。いったことはやったことにならない。やったことだけがやったことである」
(同書)

安藤さんが好んで使った言葉らしいが、読むだけで熱くなれ、すぐに行動したくなる力強い言葉だ。

このスピリットが脈々と受け継がれている明屋書店さん。

いま、この看板をくぐれば、すぐ左手に『ボクは坊さん。』が「壁」になって展示されています。

haruya3

松山に行かれたら、ぜひ明屋書店に寄ってみてください。
きっと、「向上させる何か」があります!
嬉しい知らせが届きました。

丸善丸の内本店の4階に登場した松丸本舗

松岡正剛さんが「編集」された空間が一冊の本のようになった異次元書店。

その松丸本舗で、「上半期ベスト編集本」として『超訳 古事記』が展開されているのです!


すごく嬉しいです。特にこの本は、うれしさも格別です。

というのも。

通常、人が「いい本」という判断基準は、これまでの人生で出会った読書経験を超えるものではありません。
やはり、なじみあるものを面白いと思うものです。
たとえば、「古典」と呼ばれるものであれば、「解説」や「注釈」があるのが当然。一冊で、その古典の世界がぜんぶわかる。
そういう作りをした本が、「ただしい」(とされている)。

ところが、そういう意味では、本書はまったく「ただしくない」。
通常の読書体験をしてきた方には、「意味不明」に思えるはずです。
解説なし、注釈もなし。
ただひたすら、詩のような言葉がつらなっているだけ。
すべてを、読み手の感性にゆだねています。
それは、見る人によっては、「読者にやさしくない」本となるかもしれません。

では、どうして「わざわざ」そういう作りにしたのか。

その答えは、1300年前の人々の読書をベースに「いい本」を想像したからです。

『古事記』が稗田阿礼によって語れた時代、つまり、日本で最初の本が生まれた当時は、神話は「語り」によって読みつがれていました。
語りである以上、もちろん、注釈も解説もありません。
聞いて感じる。
それが全てです。
そういう原初的な感覚を、現代の本によっても表現したいと思って挑戦した、まさに「原点回帰」の一冊でした。

それだけに、「ベスト編集本」と評価していただき、本当にうれしいです。
松岡先生、ありがとうございました。



いざ、松丸本舗へ!
昨日につづき嬉しいお知らせをいただきました。

小川書店の方よりお電話があり、

「掘り出し選書で、いちばんよく売れた!」

とおっしゃってくださったのです。


掘り出し選書というのは、東京都書店商業組合青年部が運営する「中小書店ではめったにお目にかかれない出版社の本を、3ヶ月並べます!」というもの。「一出版社独占」の棚が、三ヵ月ごとに次の参加書店さんへと持ちまわっていきます。

電話を出た営業のワタナベが興奮気味に伝えてくれたところによると−−。

その企画で、「ミシマ社の本がよく売れた」
「けれど、次に棚が回ってくるのは、一年後。
通常取引を行い、常時、置きたい」
そう言ってくださったとのことでした。

おお、なんと!
嬉しい。嬉しすぎます。


小川書店さん、ありがとうございました。
あらためて、よろしくお願いいたします。

そして、ミシマ社の本を買ってくださった皆様、
本当に本当にありがとうございます!!

これからも面白い本を、一冊一冊、思いをこめて発刊していきます!

先日、営業チームのワタナベがいつになく神妙な面持でこう言うのです。

「お取引店、700店を超えてました」

ぐえー。(一同、びっくり)

少ししてから喜びが全員のなかでこみ上げてきました。

「おおーー!」(感激)
「すごい!!」(お得意の自画自賛)

思えば、書店さんとの直取引を開始したのは、
1年半前の2007年6月。
その時点では、正直なところ、
700店舗はおろか、
一店でも置いてくださる本屋さんがいらっしゃるかしらと不安でいっぱいでした。

それが今では700店を超える書店さんで、ミシマ社の本を置いていただいている。
わずか一年半前のことながら、隔絶の思いです。

これも書店員さん、著者の先生方、デザイナーさん、印刷所の方々はじめ弊社を支えるくださる皆様、そして読者の皆様のお力添えの賜物。
心から感謝申し上げます。

実際、この間、びっくりするくらい多くの皆様に支えられてきました。
「あの書店さんは置いてもらったほうがいいよ」とある書店員さんがライバル書店にあたるお店の方を紹介してくださったり、「ミシマ社の本はありますか?」と読者の方が書店で尋ねてくださったり。
例をあげればきりがありません。
こういう温かい応援の積み重ねが、700店を超える書店さんでの直取引につながったのだと思います。

本当にありがとうございます。

今日もミシマ社を置いてくださる書店さんが、一店、そして一店と増えています。

牛歩のような歩みですが、それが、本当に嬉しいです。
全国1000店のお店で弊社本が置かれる日もそう遠くないと思います。


ひきつづき、皆様とともに、ミシマ社本を広めていければこれほど嬉しいことはありません。
これからも、お力添えのほど何卒よろしくお願い申し上げます。



●新規お取引を検討してくださる書店様へ

電話03−3724−5616
hatena@mishimasha.com

にお気軽にご連絡くださいませ。
弊社HP書店様へもご覧いただければ幸いです。)
今日、いよいよブックファースト新宿店がオープンしましたね。

これで、新宿はまれに見る書店激戦区となりました。
ここ新宿は、
紀伊国屋書店本店、南店、三省堂など、大型書店が
巨大な新宿駅を取り囲むように並んでいます。
そこに、数年前から、ジュンク堂新宿店が参入。

新宿にいけば、書店さんを回るだけで、
一日が終わるくらいの充実ぶりでした。

そこに加えて、とどめのブックファーストが、
新宿に三店舗目となる新宿店をオープン。
しかも、半端じゃない広さの敷地に。

昨日、プレオープンにお邪魔したところ、
あまりの広さに目が回りそうでした。
洋雑誌コーナーに行くと、ここは外国かと錯覚するし、
医学書などの専門書の充実ぶりにも目を見張るものがあります。
個人的には、児童書が充実しているのが嬉しかったです。
子どもの頃に読んだ、伝記なんかがいっぱい並んでいました。
昔に読んだ本が今も置かれていると、
無条件に嬉しい気持ちになりますね。

とにかく、気がつけば数時間がたっていました。
あらためてじっくり時間をかけて回りたいですね。

また、スタッフの方々も開店前でお疲れのはずなのに、
とても生き生きとされているのが印象的でした。

同行したワタナベは、
「モチベーション高っ」と感激。
ハヤシは、「勢いを感じますね」と
動物的嗅覚を働かせていました。

ブックファーストの関係者の皆様、
開店おめでとうございます!
素晴らしいお店になることを心から祈念しています。

そして、新規店ができたことで、
新宿の書店さん全体が、さらに元気に活気づきますように!!
昨日、「浪速の平積み王」とお会いした。
いえいえ、正確にいえば某書店員のDさんとお会いしただけです。

Dさんは、ミシマ社の自社営業開始前から、
たいへんお世話になっている方だ。
こちらが、何も言わないうちから、
ミシマ社、応援しような」と後輩の方々に言ってくださった方でもある。
そのとき、
「関西はまかしとけ!!」とおっしゃったようにも聞こえた。
もちろん、そんなことはおっしゃってないが、
実際には、それに勝るとも劣らない応援っぷりをしてくださっている。
本当にありがたい。

そのDさんが、東京に来る!?
それは会わないわけにはいかない。
『みんなのプロレス』責了真っ只中であったが、
睡眠不足のふらふらな頭のまま駆けつけた。


ひやー、面白かった。
いっぱい楽しいお話をしたが、ひとつ将来にむけての提案があった。
「来年は、ミシマ社と一緒に『シンプル宣言』をしよう」と。
なんでもシンプルに考え、シンプルに行動しましょう。
それを、出版界に訴えていく。
そういうことらしい。

なるほど。

もちろん、迷うことなく「そうしましょう」と言った。
(もちろん、何をするかはまったくわかっていないけど)

それにしても、昨日のそのときまで知らなかった。
Dさんが、かつてNHKのテレビで、
「浪速の平積み王」という肩書きで紹介されていたなんて!?

一見、さわやかなDさんからは、その「ベタ」な感じは想像つかない。
そもそも、「平積み王」ってなんだ??
一台にかぎりなく多くの本を積める人をさすのか?
それとも、かぎりなく本を高く積める人か?
「浪速」と「平積み」の組み合わせが悪いのか?
「自由が丘の平積み王」ならありなのか???(そんなわけがない)

よくわからんまま、とにかくおかしくて、大爆笑していたら、
ふと、ある事実に気がついた。

「浪速Naniwa 平積みHirazumi 王King」
頭文字をとれば、N.H.K.

おおーそうだったのか!
NHKだけに、浪速平積み王を「NHK」とかけていたわけですな。

おそるべし、NHK.

いつの日か、「平積み王」トーナメントが開かれたとき、
初代チャンピオンである「浪速の平積み王」の頭文字からベルトができることを見越して。
そうなれば、永遠に、NHKベルトを多くの書店員さんが争うことになる。


ま、そんなことを語らいながら夜はふけて。
敬愛するDさんは、よっぽど楽しんでくださったのか、
思いがけず、大酒を飲んでらっしゃったようで。。
その後げーげー吐いていたと風のたよりに聞きました。
(大丈夫でした?)

楽しかったら、飲む。
飲んだら、吐く。

まさに、シンプル!

来年からといいながらその日から実行に移すあたりが、
ただものではない。
さすが、Dさん。
これからも、メンバー一同、ついていきます!(マジです)
いま、大阪が熱い。

4月14日(火)、日帰りで大阪出張に行ってきました。
ジュンク堂さんにうかがい、そこで見た景色に、
ぎょっと目を丸くすること2度。
そして、一人、拍手喝采すること2回。

いやー、ほんとすごかった。

まずは、ヒルトンプラザの5階にあるジュンク堂梅田店さん。
レジ前の棚に、『謎の会社、世界を変える。』がずらりと展示。

nazojyunku

この仕掛けをしてくださったジュンク堂梅田ヒルトンプラザ店の山口さんは、
「こんなおもろい本、そうそうないですよ。
売れへんわけがない。
東京も大阪も関係ないですよ。絶対売れます」
と力強く話してくださった。
嬉しいです。
こういう心ある書店員さんが、
ベストセラーを生み出すのだなぁ、とひしひしと感じた。
近々、仕掛け屋キムラ特製の「スーパーパネル」が、
この展開に加わる予定。
必見です!

その後、ジュンク堂大阪本店にうかがう。
エスカレーターを上って入り口が見えたときには、
もう鼻血がとび出ていた。

ぶー。

これは、以前『街場の中国論』を展開してくださっていたときと同じ展示ではないか!

「やる気の壁」じゃないか!!

yarukijyunku

『やる気!攻略本』、圧巻の55面展開。

あまりの迫力に、時を忘れ立ちつくしてしまいました。。

(すごい)

月並みだが、何度も何度も、そうつぶやいたのでした。

ジュンク堂の皆様、本当にありがとうございます!
こんなに最高の展開をしていただき、
感謝の言葉も見つかりません。
ただただ、ありがたいです。

関西にお住まいの方、大阪に行かれる方は、
ぜひジュンク堂へ行って、『謎の会社』と『やる気!攻略本』の展開を
確かめてくださいね。
感動しますよー。
「やる気」、日本全国浸透中です。

大阪は難波にいけば、、

どどーーん
NANBAYARUKI
(旭屋ナンバCITY店さん← 超感動です。ありがとうございます!!)

東京でも、どかーん、どかーんと花火が打ちあがっています。

嬉しかったのは、ステキな「町の本屋さん」、
伊野尾書店さん
へんな書名でごめんなさいー。(ってけっこう気にいってんですけど・・)

今日の最後の写真は、オリオン書房ノルテ店さんからです。


kubota
(写真は、ルーキー・クボヤん。やる気ポーズで関東営業行脚中です。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします)


「やる気ポーズして!」

のリクエストも受け付けておりますので、
直接、営業のものへお伝えくださいませ。
やる気いっぱいの笑顔で応えますので!

日本全国、「やる気」がいっぱいになりつつあります。(嬉しいな)