JUGEMテーマ:読書

 

2年前、今から思えば必然としか思えないのですが、ふしぎな縁から周防大島の方々とミシマ社との交流が始まりました。

そして、ミシマ社の初の雑誌『ちゃぶ台』(2015年10月刊)に、その一部の模様をレポートしました。

16年10月に出た第2弾『ちゃぶ台 Vol.2 革命前々夜号』では、「その後」のお話をたっぷり収録させていただくなど、周防大島は、本雑誌に欠かせぬ存在となっています(と申しますか、島あってのちゃぶ台です!)。

 

ところで、この『ちゃぶ台』、毎号、公開でおこなう企画会議「寺子屋ミシマ社」を経て、誕生していることをご存じでしょうか?

 

今回は、本年10月に発刊予定の第3弾に向け、最初の「企画会議」を島で初開催!

いったい、『ちゃぶ台』は、どんなふうに生まれ、作られるのか?  

そもそも、企画会議、アイデア出しってどんなふうにするの?

 

また、ミシマ社では、つくって終わるのではなく、「届ける」ところまでやりきることを

「一冊入魂」と捉えて活動しています。

その「つくる」から「届ける」ところまでを、濃密に共有したい、と考えています。

 

第1部の前半では、「つくる」から「届ける」までのミシマ社のやり方について、ミシマ社営業メンバーの渡辺とともに、語りたく思います。そして後半で、「企画会議」的なものを、皆さんにもご参加いただき、おこなう予定です。

 

第2部では、いまもっとも聞きたい話を、三人の農家さんにうかがう予定です。

 

とにかく、私自身、今からわくわくしています。

当日、お会いできるのを楽しみにしております。

(島のあさマルシェには、「ミシマ社の本屋さん」として出店いたします!)

 

お申し込みは、こちらからお願いいたします。

 

 

<寺子屋ミシマ社 in 周防大島>

 

第1部 15時〜17時 

ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』が今日生まれる!?ーー「つくる」から「届ける」まで

出演:三島邦弘(ミシマ社) 渡辺佑一(ミシマ社)

 

『ちゃぶ台』第3弾、いよいよ始動!

雑誌づくりの最初の一歩である「企画会議」を、周防大島の皆さんとともに、公開の場でおこないます!

『ちゃぶ台』ってこんなふうにできるの? 

本や雑誌が「生まれる瞬間」をお見逃しなく!

 

 

第2部 17時半〜19時

 いま、何かをつくって生きるということ〜〜『ちゃぶ台』公開ロングインタビュー

出演:宮田正樹(農家)、内田健太郎(養蜂家)、中村明珍(農家兼僧侶)、三島邦弘(ミシマ社)

 

『ちゃぶ台』第1弾、第2弾に登場された周防大島在住の三人の農家の方々。

移住して生き「つづける」ということ。自然と向き合い「つづける」ということ。

いま、三人が考える「つくって、生きる」に迫ります。

*ただし、第1部の企画会議を受けて、インタビュー内容は大きく変更する場合があります。

 

開催場所:八幡生涯学習のむら  山口県大島郡周防大島町久賀1102-1

 

日にち:2017年4月1日(土)島のあさマルシェと同日開催

 

参加費:事前予約:2000円(お茶・当日つきたてお餅付き)

      1部のみ/2部のみ参加:各1300円

    (小学生以下無料)

      当日・それぞれ500円増し

 

 

お申し込みは、こちらより!

ご来場、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書

現在、日本中のいろんな書店さんで、ミシマ社フェアを開催いただいております!
みなさんの街にも「ミシマ社」はあるのでは!?

各店、それぞれ特徴がありますので、回り歩いてもおもしろいですよ〜。
今日は、都内のフェアをご紹介します。

1 .TSUTATA 三軒茶屋店 *11月末までの開催です!

tsutayasancha

『だいじなだいじなぼくのはこ』 超ステキなサイン本もありますよ!



2.・有隣堂ヨドバシAKIBA店   *11月末まで開催です

akibayurindo


Sさん手書きのフェア文言に、ぐっときます!
計画と無計画のあいだ』、私のオリジナルPOPもありますよ〜。



3.・紀伊國屋書店新宿南店    *11月末まで開催です

sinjyukuminami

来週一週間は、ミシマ社ウィーク開催です!
(火曜をのぞく)月から土曜まで、毎日ミシマ社メンバーと「スペシャルゲスト」が登場します!!


4 ・オリオン書店ノルテ店    ※現在開催中!

いよいよ明後日(20日)、夏葉社の島田さんとの対談イベント
すごく楽しみです〜〜〜。


5. リブロ吉祥寺店       ※現在開催中!

6.三省堂書店有楽町店  :今日より開催!

sandeidoyurakucho

あの(!)「THE ミシマ社通信 ブック」も置かれています。
三省堂書店本店で、先月、一番売れたオンデマンドブック。
現在、有楽町店さんのみの発売です!


*追記
1冊お買い上げでポストカード、2冊以上でシールとバッジもプレゼント!ミシマ社の本、全部対象! http://t.co/Rwkl0N14


7.ブックファースト自由が丘店 

もちろん、ミシマ社の地元・自由が丘のブックファーストさんでも、通常の「ミシマ社棚」に加えて、ミシマ社フェアも開催中です。
(写真は後日〜)



ぜひぜひ、お店でご覧いただき、「一冊入魂」のどれか「一冊」を持ち帰っていただければとてもうれしいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

JUGEMテーマ:読書

 『計画と無計画のあいだ』、おかげさまで発刊二週間で増刷となりました。
みなさま、本当にありがとうございます。

ひきつづき、一冊でも多く、読んでいただき、読んでよかったといっていただけるよう、私自身、動き回りたく存じます。

直近では、今週の土曜に、なんと無料(!)で、本書についてのトークショーを行います。

大阪のアサヒラボというイベントで、幅さんと対談します。

大阪にいらっしゃる方は、ぜひぜひ、お越しいただければ嬉しいです!





JUGEMテーマ:読書


ぼくは1975年生まれ。会社をつくったのは2006年10月です。
気づけば、まわりには、出版社をつくる同世代の人たちの姿が散見されるようになりました。

11月から、そうした同世代、同志の3人の方々とのイベントが偶然にもつづきます。(これは何かの縁? 偶然? それとも必然!?)

1 ナナロク社 村井光夫さん

11月2日(水)19:00〜 @福岡 
このインディー出版社が熱い!


2 プラクトン 尾原史和さん

11月12日(土)13:30〜 @京都・城陽
寺子屋ミシマ社 特別編


3 夏葉社 島田潤一郎さん

11月20日(日)16:00〜 @東京・立川オリオン書房ノルテ店
本をつくる 出版社をつくる


ちなみに、村井さん、島田さんとはほぼ初対面。
どうしてお二人が出版社をつくろうと思ったのか、本づくり・出版社運営でもっとも大切にしていることはなにか、ぼく個人は「お金」の問題は何とでもなると思っているが、二人はどんなふうに考えているか。などなど。 取材を受けると必ず出る質問に、「大手にいたらできなかったことで、できるようになったことは何ですか?」というものがあります。 確かにそういうものもあるけれど、それは本質的な質問になりえないとぼくは思います。 というのも、大手・小出版という二項対立からは何も生まれないと考えているからです。 大小の比較だけでは、本質的に大切なことが抜け落ちてしまいます。 そういう意味で、今回、同じような規模の出版社の方々とのトークなので、表面的な話にならずにすむと思います。「本当に大切なこと」、つまり核心に迫ることができるかと。 ぼく自身、そうなることを楽しみにしています。



『計画と無計画のあいだ』で述べたこと、本書執筆以降に考えたことも含めてお話できればと思っています。 個人的には、『計画と無計画のあいだ』続編ライブともいえる3つのイベントです。 福岡、京都、東京で、三人の出版起業人たちとの語らい。 ここから、「何か」が生まれるような気がしてなりません。 会場でお会いできますのを楽しみにしております!!
めっちゃ面白いイベントを企画しました!

2011年11月12日(土)、ミシマ社京都オフィスにて、 「寺子屋ミシマ社in城陽 特別編!」を開催いたします。

***
「野生! 逆行 !直感! これが本づくりの原点だ!」

尾原史和(スープ・デザイン、プランクトン代表)×三島邦弘(ミシマ社代表)

ゲストに、デザイン会社「スープ・デザイン」の代表、 そして個人ブランドとして立ち上げた新レーベル「プランクトン」の代表をもつとめる尾原史和さんをお迎えしての「寺子屋ミシマ社 特別編」です。
ものづくりの新たなる地平を拓きつづけている尾原さんとのトーク。ぼく自身、ものすごく楽しみにしています。実践的なワークショップも多少絡めて、進めたいと思っています。
参加者の企画会議から生まれた企画。 その企画をプランクトン、ミシマ社ならどうつくるか? どんなデザインにしようとするか?
くわえて、今回はジュンク堂京都店さん、ジュンク堂BAL店さんとの共同開催でフェアもあります。京都店さんは、子どものときからお店に入るのが毎回楽しみでしかたありませんでしたし、BAL店さんは学生時代の思い出いっぱいの場所。この二店で自社のフェアを開催いただけるなんて、夢見てるような心地です。
どうぞお楽しみくださいませ。

以下、城陽オフィス・リーダーのクボタよりご案内です。


デザイナーと編集者。
「つくる仕事」の中でも異なったフィールドで活躍するこの二人ですが、 じつは多くの共通点があります。
ともに、1975年生まれの36歳。
それぞれ、自身で立ち上げた会社を動かす経営者。
学生のころからいまの職業を夢見ていた、というわけではなく、 ひょんなきっかけでいまの道に進むことになった。
そしてなにより、「面白い仕事をする」ということを大切にしている。
今年、二人はそれぞれの体験をベースに、はじめての自著を執筆しました。
尾原史和著『逆行』(ミシマ社)、
三島邦弘著『計画と無計画のあいだ――「自由が丘のほがらかな出版社」の話』 (河出書房新社)。

この2冊の本の執筆秘話をはじめ、 それぞれの「ものづくり」に対しての考え、方法論、これからのビジョンなど、 3時間超という時間を有効に使い、密度の濃い話を展開したいと思います。
そして今回は、なんとイベントと連動して、 ジュンク堂書店京都BAL店、ジュンク堂書店京都店の2店舗で、 プランクトン&ミシマ社の大型フェアを開催いただくことになりました!! 2社の作品をまとめてご覧いただける、全国初の合同フェアです。
京都BAL店と京都店、それぞれまったく違う展開を予定しております。
ぜひ2店舗を行き来して、それぞれ見比べていただけると幸いです。
期間限定のフェアですので、お早めにお立ち寄りください。

このイベントをきっかけに、あたらしい「作り手」が誕生することを願って!
みなさまのご参加を楽しみにしております。

■内容(予定)
1、対談 尾原史和&三島邦弘 「計画と無計画のあいだと<逆行>をつなぐもの」(30分)
2.寺子屋ミシマ社 編集の時間 (企画会議) *いつもの寺子屋ミシマ社の最初の時間と同じです。 (50分)
3.対談 尾原&三島 2の企画会議で参加者から出てきた企画 をプランクトン、ミシマ社ではどうつくるか? どうデザインするか?(60分)
4、質疑応答(30分)
終了後、参加自由の小さな懇親会を開催いたします。(参加費実費 500円程度)

■日時:11月12日(土)13:30〜16:45(13:00開場、休憩あり)
■場所:ミシマ社 京都オフィス *近鉄久津川駅より徒歩5分
■定員:40名
■参加費:一般3000円 / 学生2500円(中学生以下はご参加できません)
■予約:Eメール hatena@mishimasha.com  (件名に「京都オフィスイベント」とご記入ください) (お名前、年齢、参加理由もご明記くださいませ)
■お問い合わせ:ミシマ社京都オフィス TEL.0774-52-1750(窪田)

■連動フェア ジュンク堂書店 京都BAL店 10月15日〜11月13日ごろ(予定)
ジュンク堂書店 京都店 11月1日〜11月末(予定)



多数のご参加、こころより楽しみにしております!


JUGEMテーマ:読書
たーーーーいへん、長らくお待たせいたしました!

ミシマ社5周年Tシャツ、ついに完成しました。
3周年のときは、秋ごろにできたため、少し季節はずれでした。。。
その反省を活かし、7月発売をめざしていたのですが、
すこし遅れて、このタイミングとなりました。

Tシャツ、今からです!

しかも今回は、産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)を受賞しました『はやくはやくっていわないで』Tシャツもつくりました!
絵は、平澤一平さんに特別に描きおろしていただきました。
めっちゃかわいい!

ミシマ社Tシャツは、「ブラックT」(キッズ、S,M、L)と
グリーンT」(S,M,L) があります。*グリーンTは、各サイズともに、ブラックTより、少し大きめです。
「はやくT」は 三色あり、「はやくT ホワイト」「はやくT ピンク」「はやくT ブルー」(すべて、キッズ、S,M)をご用意しています。
どうぞこちらからお買い求めくださいませ。

今回は、生地もしっかりしており、ながーく着ていただけると思います。

どうぞどうぞ、この暑い夏を、本Tシャツを着て、ほっこりお過ごしくださいませ。
*以下のイベント、定員に達しましたので、ここで締め切らせていただきます。ご応募いただきました皆様、当日、お会いできますのを楽しみにしております。


いま、地方で生きるということ』刊行記念イベント
〜西村佳哲さんと4人のゲストが語る、「いま、地方で生きるということ」〜

 いよいよ8/12(金)に全国発売となる『いま、地方で生きるということ』(西村佳哲著)の発刊を記念し、トークイベント(西村氏・ミシマ社共催)を行います。本書にも少し登場される友廣裕一さん他、4名のゲストと西村氏が、地方とのかかわり、どこで暮らすか、本書制作秘話などを語ります。本書内容の番外編ともいえるこのイベント、ぜひ奮ってご参加ください。当日は書籍の販売も行います。

■2011年8月13日(土)13:15〜18:00(開場12:30)
◇ファシリテータ
西村佳哲さん(livingworld) 
◇ゲスト
友廣裕一さん(トモノテ) 
藤城 光さん(PRAY+LIFE
三原寛子さん(南風食堂
三島邦弘(ミシマ社

◇会場 ラ・ケヤキ(東京・四谷)
 

◇定員 40名

◇入場料 2,000円

◇プログラム(予定)
12:30 開場・受付開始
13:15 イベント開始・オリエンテーション
前半)13:30〜15:30 
  三島邦弘(ミシマ社)さんと 「いま、本をつくるということ」
  藤城 光(PRAY+LIFE)さんと 「いま福島で生きることは?」
  〈休憩〉
 後半)16:00〜18:00
  友廣裕一(トモノテ)さんと 「出会いを仕事に?」
  三原寛子(南風食堂)さんと 「暮らしの場所をどこに?」

 18:30頃 閉場

◇お申込み方法
以下の事項を、8/11(木)までにメールでお送りください。先着順で受け付けます。
・お名前:
・連絡用メールアドレス:
・連絡用電話番号:
・ご住所:
・ご年齢:
・お申込みの動機:

●件名:「刊行記念イベント8/13」
●送付先:hatena@mishimasha.com
●問合せ先(ミシマ社):03-3724-5616(平日9:30〜18:00)
つい先日、こんなお便りをいただきました。

紀伊國屋書店富山店で『創発的破壊』を購読くださった46歳の女性からの読者ハガキです。

「震災後の今の日本に必読の一冊です!これからの日本を創る若い世代の方々に読んで頂きたい。涙が出ました。勇気を頂きました。日本の未来に希望がもてました。早く世代交代が進んでほしい!!」

ありがとうございます!

その『創発的破壊』著者の米倉誠一郎先生に、生でお会いできるチャンスができました。

ジュンク堂新宿店で、8月11日イベント開催が決定です!

愛弟子である『前へ!前へ!前へ!』著者・税所さんとともに。

断言しますが、「絶対に元気が湧き出る」時間になります。
ぼく自身、20代半ばに最初に先生にお会いしてから、お会いするたび、先生からすさまじいパワーをもらっています。それがミシマ社をつくるエネルギーに、確実につながりましました。

「現状に何か物足りなさ」を感じている方々には、迷わずご参加いただきたいです。
目の前のもやもやが必ずや、少しは晴れるはずです。

ぜひ、ぜひ会場へ!

心からお待ち申し上げます。


『創発的破壊』(ミシマ社)&『前へ!前へ!前へ!』(木楽舎)刊行記念

ひとりひとりが未来をつくる! 創発的イノベーションの起こし方

米倉誠一郎×税所篤快 師弟対談


■2011年8月11日(木)19:00〜(開場18:30)

「静かなるジャスミン革命」は、強力なリーダーや既存の組織によってではなく、一人ひとりの小さな動きによって「創発的に」起こる!――と喝破する米倉誠一郎教授と、実際にバングラデシュで高校生への教育支援活動を展開する現役大学生の税所篤快さん、多忙なおふたりの師弟対談が急きょ実現! 聞くだけで元気がでる! あなたも何かを始めずにはいられなくなる! そんな熱きトークセッション。イノベーションを起こしたい方は必見です。


◇会場 ジュンク堂書店新宿店 8階カフェにて
 http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-shinjuku.html

◇定員 40名

◇入場料 1,000円(1ドリンク付き)

◇参加ご希望のお客様は
 ジュンク堂書店新宿店・7Fカウンターにてお申し付けください。

 電話でのご予約も承ります。
 お問合わせ先:ジュンク堂書店新宿店 電話:03-5363-1300

そもそも、ひと月ほど前のこと。
ブックファースト自由が丘店・店長の広野さんとの会話から、こんなことを考えたことがきっかけでした。


 この一カ月の間、言いあらわされないほど、いろんなことがありました。
 心痛め、不安に慄く日々でもありました。もちろん今もその状況は変わりせん。
ただ、毎日の時間だけがが、おそろしいほどたんたんと流れていきます。
そうしたなかで、日々、さまざまな情報が飛び交っています。それによって、驚いたり、振り回されたりもしがちですが、本だけはいつもどっしりそこに構えて待ってくれています。
出版という仕事にかかわりながら、私自身にとりましても、このひと月ほど本の偉大さを痛感したことはありません。
本は、ずっとそこにいて、必要な声量で、必要なものだけを、ふしぎと適切なタイミングで語りかけてくれました。そうして、すっと、寄り添うようにして、私たちの日常を支えてくれたような気がしてなりません。

 「元気を!」「がんばれ!」というエールである必要はないと思います。
 
 日常を「ふつうに」送っていくために必要なことばを、ミシマ社の地元である自由が丘から発信したいと願っております。

 「いま、私はこれを読んでます」フェア

 東京・自由が丘のブックファースト自由が丘店さんのご協力のもと、このようなフェアを開催させていただくことになりました。
 
 ●


こうして流れで、現在、自由が丘のブックファーストさんで、フェアが開催されております。

book1st2011

*開催期間は、 〜2011年6月10日まで、となります。

☆「この一カ月読んだ本」 or
 「これから読もうと思っている本」
 今をふつうに送るために欠かすことのできないと思われる「一冊」が、ここにあります。


選書は、上記のような視点から、ブックファースト自由が丘店のスタッフの方、ミシマ社社メンバー。
それに、益田ミリさん、鎌田東二先生、矢野龍彦先生、勢古浩爾さん、上阪徹さん、尾原史和さん、エニグモのお二人はじめ、弊社から本を出してくださっている著者の方々も、参加くださいました。
選書とともに、「推薦のことば」も書いてくださっております。
ぜひ、店頭でご確認いただければうれしいです。

今月はじめから始まっているのですが、
おかげさまで、大変「売れている」ようです。
(嬉しい!!)

ありがとうございます。

自由が丘の「ふつう」を感じに。
ぜひ、ご来店くださいませ。
震災後、被災地をまわっていらっしゃるノンフィクション作家・石井光太氏。
その様子は、「週刊ポスト」にも書いていらっしゃいますが、石井さん本人から直接、そのお話をうかがう機会ができました。

被災地で見た「3.11」と「今」


残席わずかのようです。

ご関心のある方は、急ぎお申し込みを!